SM側、是正措置を受け「品位損傷解約条項削除」練習生にも適用(公式)

写真拡大

SMエンターテインメントが、品位損傷解約条項を削除した。

7日、公正取引委員会はSMエンターテインメント、LOEN、JYP、FNC、YG、CUBE、Jelly fish、DSPなど、芸能事務所8社が作った練習生契約書を審査し、不公正約款条項に是正措置を下した。

この日、SMは報道資料を通じて「弊社は公正取引委員会の発表通り、今回調査対象として調査を受けた。一つの条項のみ是正措置を受け、削除措置した」と明かした。

続けて「不公正な側面があるという公正取引委員会側の意見に従って、標準契約書でも修正する計画なので当社もこれに従い、該当条項を削除した」と説明。

SMが是正措置を受けた項目は「大衆文化芸術人標準専属契約書」の第6条3項。「芸能活動に支障をきたすほど大衆文化芸術人としての品位を損傷させたり、甲あるいは甲所属芸能人の名誉や信用を毀損してはならない」という内容のもの。