写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ポルシェ ジャパンは4月6日、サーキット走行を楽しむ人のための高性能モデル、新型「911 GT3」の予約受注を開始する。ジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たした同車は4.0リットルの自然吸気エンジンを搭載し、最高出力は500PSを誇る。

「911 GT3」は公道走行・サーキット走行ともに高いパフォーマンスを発揮するモデルとして、高い人気を誇る。新型「911 GT3」では、自然吸気の4.0リットル水平対向エンジンを搭載し、最高出力は500PS。純血種のレーシングカーである「911 GT3カップ」のエンジンがほとんど仕様変更されることなく使用されている。レーシングカーと同じテストサーキットで開発され、かつ同じ生産ラインで製造されたという。

サスペンションには、速度に応じて後輪を前輪と同位相または逆位相操舵し、俊敏性と安全性を同時に向上させるリアアクスルステアリングを装備。車高は「911 カレラ S」より25mm低く設定された。トランスミッションは特別にチューニングされた7速PDKと6速MTが用意され、7速PDKの0-100km/h加速は3.4秒。6MTでは3.9秒となる。

エクステリアは巨大なカーボン製のリアウイングを装備し、軽量設計のフロントスポイラーはエアフローをさらに向上させている。インテリアは「918 スパイダー」に由来する直径360mmのGTスポーツステアリングホイール、サイドサポートが強化されたスポーツシート プラスを装備する。シートには3つの仕様があり、カーボン模様仕上げの軽量なCFRP製フルバケットシートを選ぶことも可能だ。

新型「911 GT3」の7速PDKモデルの価格は2,115万円(税込)となっている。

(山津正明)