iPhone登場10周年となる今年発売される次期iPhoneの最上位機種は、大幅にデザインを刷新したモデルとなるといわれています。
 
これまでこのプレミアムモデルは「iPhone8」と通称されてきましたが、Apple Watch Editionと合わせて使うのにふさわしい「iPhone Edition」となる可能性が高いとの噂を、Macお宝鑑定団が報じています。

iPhone Editionにはプロトタイプモデルが複数種類存在

また同メディアによれば、iPhone Editionにはプロトタイプモデルが複数種類存在し、現在も技術確認テストと並行して、ガラス筐体、アルミ筐体、ホワイトセラミックス筐体などに加え、IPS TFT、AMOLED、ホームボタンがあるモデル、ホームボタンがないモデルなど、様々なモデルの開発が行われているとのことです。
 
現在さまざまな情報が浮上していることについては、正式モデルが決定した段階で部材調達に着手すると製造開始が遅くなるため、Appleは部品・材料メーカーに対し、技術確認テストの段階まで進んだモデルについて部品調達可能数についての調査を行っていますが、その調査が一部アナリストに伝わり、そこから予測が広まったようだとしています。

プレミアムモデルの発売はかなり遅れる?

Macお宝鑑定団はまた、現時点で決定しているのは5インチ液晶ディスプレイ、デュアルカメラ、ワイヤレス充電対応、Lightningコネクタ仕様という基本コンセプトのみで、それ以外は白紙の状態だと伝えています。
 
したがってiPhone Editionはまだ開発段階にあるため、9月のイベントでiPhone7s/7s Plusとともに発表されても、発売はかなりあとになる可能性があるとしています。
 
iPhone8(この記事ではiPhone Edition)の製造開始が遅れるという情報は、台湾DigiTimesも報じていました。同メディアはiPhone7s/7s Plusの量産開始は7月、iPhone8については9月までずれ込むと伝えています。
 
 
Source:Macお宝鑑定団
Photo:Twitter (Veniamin Geskin)
(lunatic)