8日、中国の王毅外相は第12期全国人民代表大会第5回会議の記者会見に出席し、日中関係について記者の質問に答えた。人民網が伝えた。

写真拡大

2017年3月8日、中国の王毅(ワン・イー)外相は第12期全国人民代表大会第5回会議の記者会見に出席し、日中関係について記者の質問に答えた。人民網が伝えた。

王外相は「今年は日中国交正常化45周年でもあり、盧溝橋事件80周年でもある。2つの記念日は、平和と友好、戦争と対抗という2つの道をそれぞれ示すものだが、現在日本国内には2つの道の間で揺れ、歴史の逆走を企む人さえいる。われわれは、平和を愛する日本国民がこの大事な年にしっかりと国を前に向かせるよう望む」と語った。

そのうえで「日中関係について、われわれの立場は一貫しており、かつ明確だ。もちろん関係改善を望むが、日本はまず自らの『心の病』をちゃんと治さなければならない」とし、日本が中国の発展という事実を理性的に捉え、受け入れることが必要との見解を示した。

また、日中韓3カ国首脳会談の開催に向けては「現在、われわれは日中韓の健全な発展を妨げている各種の問題をしっかり処理し、会談を開くために必要な条件を整えなければならないだろう」とした。(翻訳・編集/川尻)