三菱自動車、ジュネーブモーターショーに、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を世界初公開

写真拡大

 三菱自動車は、第87回ジュネーブ国際モーターショーに、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を世界初公開した。

 『エクリプス クロス』は、コンパクトSUV『ASX』とミッドサイズSUV『アウトランダー』及び『アウトランダーPHEV』のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わる、新型コンパクトSUV。2017年秋より欧州に出荷し、日本、北米、豪州、その他地域への展開を予定。

 『エクリプス クロス』 のエクステリアは、シャープでダイナミックなクーペSUVフォルムと、三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用した。リヤスタイルは、高い位置に配したワイドなリヤランプと前傾したリヤウィンドウを上下に二分することによって立体的で個性的なデザインとした。

 インテリアは、ブラックとシルバーのモノトーンとし、水平基調のインストルメントパネルと立体的なシルバー加飾により、スポーティでありながら上質な室内空間とした。

 『エクリプス クロス』ドライビングフィールは、走行状況や路面状態により後輪へ伝達するトルクを常に適切に配分する電子制御4WDを搭載し、AYCブレーキ制御を追加した車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を採用している。

【ギャラリー】Mitsubishi Motors Eclipse Cross (9枚)

<基本諸元(出品車)>

全長×全幅×全高 (mm)4,405×1,805×1,685ホイールベース (mm)2,670トレッド 前/後 (mm)1,545/1,545エンジン / トランスミッション1.5Lダウンサイジング直噴ターボエンジン / CVT
2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン / 8AT駆動方式電子制御4WD



■三菱自動車 公式サイト