次のメジャーアップデートとなる「iOS11」では、ナイトモードやFaceTimeのグループ通話、iPhoneでのスプリットビューが実現すると予想されています。こうした「噂」をもとにしたコンセプト動画が公開されました。
 
iOS11は、現地時間6月5日から開催されるAppleの世界開発者会議(WWDC)でその概要が明らかになると期待されています。
 
ジャック・ジーバ氏が、iOS11に搭載される可能性のある機能を盛り込んだコンセプト動画を作成、公開しています。

iOS11ではこんな新機能が登場する!?

ナイトモード

ios11 コンセプト
 
iOS10で搭載されると噂されながら搭載されていない、暗所でも画面を快適に閲覧できる「ダークモード」ですが、これがいよいよiOS11で登場するといわれています。ジーバ氏の動画ではナイトモードという名称になっています。
 

複数ユーザー

iOS11 コンセプト
 
複数ユーザーが同一iPhoneを共有できるようになる機能です。ロック画面に登録ユーザーがアイコンで表示され、それをクリックするとそれぞれのアカウントでログインすることができます。
 
この機能はiOS10の教育用、iPad向けでのみすでに実現しています。
 

Siriアシスタント

iOS11 コンセプト
 
「あと5分で職場に着くのでスピードを落として」「Walletを開いて」など、Siriのサポート度が向上しています。
 

グループFaceTime

ios11 コンセプト
 
FaceTimeのグループ通話が可能になります。スクリーンが分割され、さらに小さなウィンドウが中央に表示される形で、3ユーザーが同時につながっている様子が表現されています。
 

スクリーン回転と音量調整

iOS11 コンセプト
 
動画の再生時でも、スクリーンの縦横の向きを変えたり、音量を調節したりすることができるようになっています。
 

iPhoneでのスプリットビュー

iOS11 コンセプト
 
iPadではすでに搭載されている機能、スプリットビューが、iPhoneでも登場しています。
 
そのほか、キャッシュとデータのクリアや3D Touchコントロールセンターの機能向上、ゲームモードが盛り込まれるのではないかとジーバ氏は予想しています。
 

 
 
Source:YouTube via 9to5Mac