中国に住んでいると、日本では聞いたことのない「記念日」に遭遇することがあった。そして、それらのいくつかは、最近になって日本にも“輸入”されている。11月11日の「独身の日(ネットセールの日)」や、3月8日の「女性の日」がそうだ。写真は上海。

写真拡大

中国に住んでいると、日本では聞いたことのない「記念日」に遭遇することがあった。そして、それらのいくつかは、最近になって日本にも“輸入”されている。11月11日の「独身の日(ネットセールの日)」や、3月8日の「女性の日」がそうだ。

3月8日は、正確には「国際女性デー」という。米国で1904年、女性労働者による参政権を求めるデモが行われた日にちなんでおり、後に国連が女性の地位向上や社会参画を訴えるための日として定めた。

中国生活1年目、住んでいた留学生寮で、トルコ人から「おめでとう!」と声を掛けられた。キッチンではコンゴ人から再び「おめでとう」。その夜、彼女たちに誘われた私は、「女性の日」を祝う宴会に加わった。そうして「女性の日」の存在や、祝う国とそうでない国があることを知った。

中国は「祝う国」の方だ。勤務していた大学ではこの日、教職員食堂でビールが振る舞われ、女性教員はプレゼントを受け取る。しかし同僚たちは喜び半分で、「友達の会社はギフト券をもらった」「普通の会社なら女性は半休になるのに……」と愚痴りあっていた。

日本人女性から見て、中国人女性は十分に強い。本来、「女性の地位向上を求める日」である女性デーは、この国には必要でない気もするが、逆に女性が十分に強いからこそ、「女性の日」に当然の権利として、ギフト券や半休を要求できるのかもしれない。

■筆者プロフィール:浦上早苗
大卒後、地方新聞社に12年半勤務。国費留学生として中国・大連に留学し、少数民族中心の大学で日本語講師に。並行して、中国語、英語のメディア・ニュース翻訳に従事。日本人役としての映画出演やマナー講師の経験も持つ。