写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京セラは3月7日、国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムとして、小型・軽量ながら3.2kWhの蓄電容量を実現した蓄電システム「EGS-LM0320」を2017年4月より発売すると発表した。

同システムは、530mm×300mm×650mmのコンパクト設計により、集合住宅の各住戸玄関脇の限られたスペースなどにも設置可能としtもので、屋内に設置することも可能だという。本体重量も約54kgと、従来機種に比べ軽量なため、ブロック基礎による簡易施工で設置することが可能だという。

また、電力変換効率は充電時、放電時ともに95.5%と高く、太陽光発電で創った電気を無駄なく有効に活用することができるという。さらに、太陽光発電システムで創った電気を売電優先にする「通常モード」、蓄電優先による「グリーンモード」の2つのモードを用意。ユーザーのニーズに合わせた設定を行うことができるようになっているとする。

なお、希望小売価格は150万円(税別)となっている。

(小林行雄)