「外食・つきあい・趣味」我慢しないでムダをあぶり出す方法

写真拡大

外食やつきあい、趣味の分野は「見栄消費・横並び消費」が発生しやすい。すべてを我慢せずに、家計を上手にコントロールする方法とは。

■【1】内食 vs 中食 vs 外食

▼ファミレス、ファストフードは節約の大敵

外食やつきあい、趣味の分野は、見栄消費、横並び消費が発生しやすい。話を理解しやすくするため、モデル家計を設定してみた。4人家族(夫33歳・妻32歳、5歳と1歳の子供2人)、サラリーマンの夫の年収380万円(手取り300万円)、妻は専業主婦。首都圏の賃貸マンションに暮らしている。

まずは食費だ。この家族のケースなら食費はいくらが妥当な線か。節約アドバイザーの丸山晴美氏は「食費(自炊費)は月収の10%が理想ですから、手取り25万円なら2万5000円、お米代を入れて3万円。旬の食材をメインにして、夫と子供の昼食は弁当にすればなんとか収まります」と指摘する。家計再生コンサルタントの横山光昭氏も「食費は月収の12%程度が基本。手取り25万円なら3万円」と同額だ。

食費の中でも大きな負担になるのが外食だ。「子供が喜ぶし、たまの休みだから」「子供が騒いでも気を使わなくていいから」といった理由でファミレスやファストフード店をよく利用する親は多い。だが、ファミレスの平均的な飲食代を1500円とすると、4人分で6000円にもなるから侮れない。「ちょっと外食を増やすだけで、毎月の食費は軽く5万円を超えてしまいます」(丸山氏)。

丸山氏は、外食を減らすために「レストランに行った気分になれる料理で特別感を演出」することを勧める。たとえば、ピザやパスタ、ハンバーガーなど外でよく食べるものを手作りし、ランチョンマットを敷き、ナイフやフォークを置いて、“お店感”を出す。電車やキャラクターの形をした子供が喜びそうな弁当箱や器に料理を詰めるのもいい。多少手間はかかるが、夫や子供が「やっぱりママの料理はおいしい。家で食べるのが一番!」と思ってくれたら、しめたものだ。

しかし、料理に自信がない人はどうすればいいのか。横山氏は「冷蔵庫の余りものでちゃちゃっと一品作れる腕がないなら、中食を上手に利用したほうが逆に安上がり」と提案。デパ地下の高級惣菜をたくさん買うのは論外だが、庶民的なスーパーで惣菜を一品程度買い足すくらいなら負担も少ない。

家計再生をサポートする横山氏ならではのアイデアが「週単位で食費を管理」するやり方だ。週ごとで見たほうがコントロールはラクになる。「月3万円なら週6769円に収める。妻が節約を頑張ってお金が残ったら外食してもいい。安いファミレスなら家族で月に数回行けるかも」(横山氏)。

■【2】夫の小遣い vs 妻のヘソクリ

▼ヘソクリは、節約を頑張るモチベーションにする

夫の給料が手取り300万円の場合、毎月の小遣いはいくらが適正なのか。丸山氏は「夫3万円、妻1万円は確保したい。あまり少なすぎると借金したりギャンブルしたりして、結局裏で悪いことをしがち」。横山氏は「夫3万5000円、妻1万5000万円」。両氏ともに昼食代、飲み代、理髪代、洋服代などを含んだ金額の提示だ。

妻が自分の小遣いを家計の中から適当にもらっているケースも少なくないので、それを防ぐ意味でも専業主婦も小遣いをちゃんと決めておいたほうがいいのだ。ちなみに、共働き夫婦の場合は「小遣いは同額が夫婦円満の秘訣」(丸山氏)だという。

丸山氏は、渡し方にも工夫が必要と話す。「一度に渡さず、毎週6000円ずつに分けるといい。こうするといつも給料日前に財布がピンチだった夫も余裕が持てるようになります」。

一方、横山氏の考えは「毎月一括で渡すのがいい。計画的に使えるように夫を教育すべき」と異なる。夫の性格を考えて最良の方法を選択すべきだ。

妻のヘソクリについてはどうか。「余った分をちゃっかり自分のものにしているのはズルイ」という夫たちの恨み節も聞こえてきそうだ。横山氏は「一般に妻はイザというときのためにヘソクリをしているもの。目くじらを立てないほうがいい」とたしなめる。丸山氏も同意見だ。「ヘソクリは自由に使っていいよといえば、妻はいろいろ工夫して節約上手になる。節約したお金で家族旅行に行けるかも」。

■【3】夫の自腹接待 vs 妻のママ友交際

▼どちらも小遣いの範囲内夫の接待は例外もあり

最近は経費削減の風潮から、どの会社でも接待費がなかなか認められない。役員、部長クラスならともかく、中間管理職は自腹接待を強いられることも少なくない。夫としては「仕事なんだから小遣いとは別にほしい」ところ。だが、妻にしてみれば「それが給料アップにつながるわけ?」と懐疑的にならざるをえない。接待ともなればそれなりにかかるから、認めると家計へのダメージは大きいからだ。

一方、ママ友交際費になると妻は一転、「うまくやらなきゃ子供がかわいそう」と子供を盾にとり、夫の非難を巧妙にかわす。だが、500円程度のお茶会、1000円程度のランチ会でもたび重なれば月に1万円は軽く超える。「○○ちゃんのママに誘われたから」と、料理教室やフラダンス教室などに通う、いわゆる横並び・見栄消費をすれば、月に数万円は飛んでいく。

どちらの消費も必要といえなくもないが、丸山氏と横山氏の意見は「それぞれお小遣いの範囲内で」。となれば、接待費は1回1万円程度だから、本当に大切な人を厳選し、月1回にとどめる必要がある。「単に見栄を張っている可能性もあるので、本人によく考えてもらうためにも小遣いの範囲内にすべき」と丸山氏。一方、横山氏は「業績や出世に関わるなど妻が納得できる理由があるなら例外的に家計から出してもいい」とやや夫の肩を持つ。

一方、妻のママ友交際費については手厳しい。横山氏のクライアントの中にも家計費からジャブジャブ使っているケースが多いからだ。「ある方はママ友とのランチ会や飲み会、身だしなみのためのエステや化粧品などに月4万円以上使っていました」。

丸山氏は「ママ友とのつきあいがないと、学校行事などの細かい情報が入ってこないので、疎かにはできない」と一定の理解を示す。ただ、自身にも小学生の息子がいるが、ママ友会には無料の児童館を、コミュニケーションにはLINEを利用して交際費を極力抑えている。

■【4】夫の趣味・収集癖 vs 妻の美容・若返り代

▼クルマではなく電動自転車ヘアサロン代は認める

女性は男性の収集癖を理解できないし、男性もまた、女性の美しくなりたい、いつまでも若いままでいたいという欲望をよく理解できない。5万円のブランド靴、1回1万円のネイル、1回5000円のまつげエクステ、ヘアサロンは1回1万円が相場。「そんなに頑張ってもあまり変わらないのに」と妻を見ながら心の中でつぶやく夫も多いのでは。こうした問題は男女の永遠のテーマ。正解がないだけにケンカのネタになりやすい。しかも争えば争うほど水掛け論になって感情のぶつけあいになってしまう。ならば、どうすればいいのか。お互い大人だから、歩み寄って接点を見つけるしかない。

丸山氏、横山氏はともに「お小遣いの範囲なら趣味も美容も自由」という。これだと当然、クルマは買えない。クルマ好きの夫からは「家族も乗るんだから」という言い訳が聞こえてきそうだが、丸山氏は「維持費も高いので仕事で使わないなら不要」と却下。代わりに子供の送り迎えにも便利な電動自転車を勧める。1台12万〜15万円程度だ。

横山氏は「夫がクルマ好きであってもローンで買ってはダメ。買うなら100万〜150万円貯めて中古車を一括購入すべき。ガソリン代や駐車場代などのランニングコストがかかるうえ、ローンの支払いまであると、何かあったときに家計破綻しかねないから」。

一方、妻の美容にかける費用については、丸山氏はエステやマッサージ、サプリは「30代までなら必要ない」と一刀両断。逆にヘアサロン代は絶対に必要という。「髪を大切にしている女性は多い。髪をキレイにしていれば、女性はある程度素敵に見えるんです。私も自分の髪のクセや顔の形など全部理解してくれるヘアスタイリストじゃないと嫌ですね」(丸山氏)。2〜3カ月に1度のヘアサロン代だけは、必要経費と認めたほうがよさそうだ。

横山氏のクライアントにこんな夫婦がいた。エステに通いたいといった妻に反対したら、内緒で美容器具や化粧品をカードで買いまくってしまった。

「それを知った夫は、そんなにやりたいなら金額を決めようと提案した。夫は趣味のウイスキーを収集したかったのですが、お互いに月に1万円以内と決めたら堂々と楽しめるようになりました」(横山氏)

お互いに我慢してストレスを溜め込まないよう、十分に話し合いをして落とし所を見つけることが大切なのだ。

■【5】家族で週末アウトドア vs インドア

▼マグロのように回遊し、お金を使わされる!

多数派は「お金がないからこそ、身近なレジャー」ということでショッピングモールなどに出かけるインドアを選ぶ。だが、行ったが最後、無駄遣いのスパイラルから抜け出せなくなる。

「ショッピングモールは広いから、マグロみたいに回遊しながら、安いものをちょこちょこと買ってしまう。私の中では行き当たりばったりに買ったものを“ガラクタ”と呼んでいて、行かなければ買わなかった必要ないものなんです。歩き回れば喉も渇くからジュースを飲む、アイスも食べる。揚げ句の果ては、疲れ果てた妻に気を使って『夕ご飯は食べていこうか』となる。家族で行くと1回1万円はすぐに使ってしまう」と丸山氏。横山氏もまったくの同意見だ。

そこで横山氏が勧めるのが「キャンプ」だ。北海道出身の横山氏はもともとアウトドア好き。

「クライアントの中にも友人家族からキャンプに誘われて、一度行ってみたらすごく楽しかったという人がいます。そのときはテントや寝袋はレンタルで、その後少しずつキャンプ用品を揃えていった。もちろん、クルマはレンタカーです」。その家の子供はすでに成人しているが、「あのときは楽しかった」と思い出話に花が咲くそうだ。

キャンプ用品は、ブランドにこだわらなければ意外と安価で入手できる。たとえば、中級品でテントは2万〜3万円、バーベキューコンロは5000〜1万円、ランタンは3000円、テーブル・チェアセットは5000〜1万円、寝袋は5000円程度。ネットオークションやフリマなら、もっと安く購入できる。最初はレンタルでまかない、少しずつ揃えればいい。

ただし、丸山氏は「にわかアウトドア」を警戒する。「もともとアウトドアが趣味の夫ならいいのですが、高い道具を揃えるところから入るのはやめてほしい」。実際一式揃えて1、2回使って終わり、というのはよくあるパターンだ。

「まずは手軽なところから始めては。高尾山に登るくらいなら道具もそんなにいらないし、お金もかかりません。都内でだって、近所の公園や川で、魚のつかみ取り大会、里山体験、バーベキューなど十分アウトドアを満喫できます。実家が田舎なら、準備しなくてもアウトドア体験ができる」(丸山氏)

■【6】職場飲み vs 自己投資

▼誘われたら3回に1回、参加するくらいでいい

手取り年収300万円のサラリーマンは、少ない小遣いの一部を「職場飲み」と「自己投資」のどちらに振り向けるべきか迷うだろう。

職場飲みの主な目的は、社内の人脈づくりや仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションを図ること。一般に一次会で3000円、二次会で2000円としても最低5000円はかかるだろう。

「大企業は定年まで勤め上げる人が多いでしょうから、社内の人脈づくりはある程度有効だと思います。オフィシャルなイベントは出席し、上司のメンツをつぶさないことも大切」と丸山氏は肯定する。

さらに中小企業についても「会社が一つのカラーに染まっているから、出ないと居づらくなるリスクは大企業よりもむしろ大きい」と必要性を認める。ただし、資金はあくまでも「お小遣いの範囲内」(丸山氏)だ。

横山氏も同じ意見だが、「毎回参加しなくてもいい。誘われたら、3回に1回くらい参加するのでちょうどいいのでは」と提案する。そもそもお小遣いが少ないから、ない袖は振れないというわけだ。

▼会社が支援している資格を取得しよう

一方、セミナーや異業種交流会といった自己投資について横山氏は「自己啓発のための社外活動も必要。本当にデキるビジネスマンは、社内飲みと社外飲みを両方適度にやっています」という。クライアントの中には、異業種交流会がきっかけで視野が広がり、社会保険労務士の資格を取得、転職に成功した人もいるそうだ。ただし、「無料のセミナーもありますが、そういうのは中身が薄くて役に立たないことが多い。1回5000円程度を目安にするといいでしょう」(横山氏)。

出世や昇給につながる可能性もある自己投資なら、家計から出してもらうよう、妻に頼んでみてもいい。必要な理由がちゃんとあるなら、妻も納得するだろう。

一方、丸山氏は否定的な見解を示す。

「目的もなく、異業種交流会やセミナーにお金を使うのは無意味。私自身、そういうところに行って仕事につながったことは一度もないし、いまもセミナーには行きません」。

丸山氏はファイナンシャルプランナーや宅建、調理師などの資格を取得し、仕事の幅を広げてきた。いまは大学で心理学を勉強中だ。そうした経験から、「まずは会社からお金の支援がある資格の取得から始めてみては。会社が必要としている資格を取るほうが評価されやすい」と提案する。

独立や転職といった明確な目標がないなら、いまの仕事に役立つ知識を身につけることが先決。それが収入を増やす近道になるという。

----------

横山光昭
家計再生コンサルタント。マイエフピー代表取締役。庶民派ファイナンシャルプランナーとして、1万人以上の赤字家計を再生。
 
丸山晴美
節約アドバイザー。2001年に節約アドバイザーとして独立。ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー資格を取得。
 

----------

(河合 起季 大沢尚芳=撮影)