アマルさん、ジョージ・クルーニーとの結婚で仕事にポジティブなこともあるとコメント

写真拡大

俳優のジョージ・クルーニーの妻アマルさんが、国際弁護士として働く上で名声がポジティブな影響を与えることがあると明かした。

ジョージと2014年に結婚し、現在双子を妊娠中のアマルさん。アマルさんはイスラム国に誘拐されて性奴隷にされたヤジディ教徒のナディア・ムラドさんの弁護士を務めるなど人権問題を訴えてきた。

そんなアマルさんはBBCニュースのインタビューでジョージとの結婚で自身の仕事に対して多くの人の関心を集めることになったかと聞かれると、「私の仕事は秘密に行われていることが多くあり、決して見られることはありまん」「もし、さらに多くの人々がヤジディ教徒やイスラム国のことで何が起こっているのか理解し、その結果として何か動きがあって、私のクライアントを助けることができるなら、その訴訟にさらに注目を与えることはとても良いことだと思います」とコメントしている。