ユン・ジェムン、3度目の「飲酒運転」を公の場で謝罪…騒動後初

写真拡大

俳優ユン・ジェムンが飲酒運転議論に対して謝罪した。

ユン・ジェムンは8日午前、ソウル中(チュン) 区奨忠壇路(チャンチュンダンロ) にある00東大門(トンデムン) 店にて開催された映画「パパは娘」の制作発表会に出席し、「映画のために貢献した制作陣、俳優たちに迷惑をかけ申し訳ない」と話した。

続いて彼は「今までたくさん考え、深く反省した。とても恥ずかしくて申し訳ない。弁解の余地がなく、心からお詫びする」と伝えた。

ユン・ジェムンは「自分のしたことを忘れずに、今後より成長した姿を見せるために努力する」と話した。

これに先立って彼は昨年5月、飲酒運転で摘発され物議を醸した。その後、今回の制作発表会が初の活動だ。ユン・ジェムンは2010年と2013年に続き、3度目の飲酒運転で物議を醸し、すべての活動を中断し自粛の時間を過ごしていた。

3度目の飲酒運転…ユン・ジェムンに「懲役8ヶ月、執行猶予2年」を宣告