ドイツ・ミュンヘンでの安全保障会議で演説する中国の王毅外相(2017年2月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国の王毅(Wang Yi)外相は8日、北朝鮮に対し核兵器とミサイル関連の活動の中止を求めると同時に、安全保障上の「危機」が近づいているとして、緊張緩和のため米韓両国に合同軍事演習を中止するよう呼び掛けた。

 王外相は「(朝鮮)半島に迫っている危機を緩和するため、中国は第1段階として、大規模な米韓合同軍事演習の中止と引き換えに北朝鮮が核・ミサイル活動を中止することを提案する」と述べた。その上で、「この『中止のための中止』は、各当事者が安全保障上のジレンマから抜けだし交渉の場に復帰する一助となる」と主張した。
【翻訳編集】AFPBB News