横浜ゴムが、4月1日から市販タイヤ(チューブ、フラップ含む)の価格引き上げを発表しました。

値上げ率は、乗用車用タイヤ(夏)やバン用タイヤ(夏、冬)が6.0%と比較的高めで、小型トラック用タイヤ(夏、冬)なども7.0%となっています。価格が4万円(4本)のタイヤで6.0%上がると、値上げ幅は2400円。もっと高いタイヤだと、結構痛い値上げといえそうです。

1

なぜ、4月からタイヤの価格が引き上げられるのでしょうか? 以前お伝えしたように、日本グッドイヤーが開催した「2017戦略発表 及び 新商品説明会」でもひとつのキーワードになっていましたが、原材料費の価格高騰が要因となっています。天然ゴムはこの1年で約2倍、合成ゴムも以前の約3倍くらいまで直近では急騰しています。

タイヤは天然ゴム、合成ゴムの原材料費がじつに約半数を占めていて、原材料費の高騰は収益性を大きく直撃し、コスト削減などの努力を重ねても原材料費高騰が続けばタイヤの値上げに踏み切るしかありません。なお、日本グッドイヤーでは、コスト削減などによりすぐには値上げしない(日本向けは)と表明しています。

今のところ(3月6日現在)、ブリヂストンや日本ミシュランタイヤ、住友ゴム、東洋タイヤなど他メーカーから値上げの発表はされていませんが、原材料費高騰が続くようでしたら値上げされる可能性もありそうです。

3月に入り、スタッドレスタイヤから夏タイヤ、あるいはグッドイヤーの「ベクター フォーシーズンズ」に代表されるオールシーズンタイヤの購入をお考えなら、3月末までに買っておく手もアリかもしれません。もちろん、まだ使える状態なら慌てる必要はないでしょう。買い置きは保管の問題もありますので、あまりオススメはできません。

(塚田勝弘)

【関連記事】

2017年もイチ押しは「オールシーズンタイヤ」。日本グッドイヤーの2017年戦略発表及び新製品説明会
http://clicccar.com/2017/02/17/446033/

横浜ゴムが2017年4月以降のタイヤの値上げを発表。値上がり前の早めの購入がお得?(http://clicccar.com/2017/03/08/451597/)