Archer C5400

写真拡大

 ティーピーリンクジャパンは、トライバンドギガビット無線LANルータ「Archer C5400」、無線LAN中継機「RE305」、無線LANルータ「Archer C1200」を3月中旬に発売する。

 「Archer C5400」は、無線LAN高速化技術であるNitroQAM(1024-QAM)に対応し、従来のIEEE802.11ac規格に準拠した機種と比較して、125%の高速化を実現した。税別価格は3万800円。

 8本の外部アンテナとビームフォーミングに加え、トライバンド接続にも対応しており、5GHz帯なら最大2167Mbps、2.4GHz帯なら最大1000Mbpsの超高速通信に対応する。無線LAN接続する機器ごとに最適な周波数に切り替える「スマートコネクト」機能、すべての無線LAN機器が公平に通信時間を使えるようにする「エアタイムフェアネス」機能を搭載。本体にはリンクアグリゲーションの設定が可能な1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポートも4基備える。

 このほか、個人向けの無線LANルータとしては世界で初めて、ポータル認証の構築機能を搭載。ホテルやカフェなどで提供されている公衆無線LANサービスと同様の認証用ウェブページを簡単に作成でき、ページの背景やロゴも自由に設定できる。

 「RE305」は、そのままでは電波が届かないエリアに、無線LAN信号を強化して届ける無線LAN中継機。IEEE802.11ac、デュアルバンドに対応し、ブリッジモード(APモード)を搭載。また、最適な設置場所を教えるシグナルインジケーターを備え、ルータから離れすぎると赤く光り、適切な場所だと青く光る。税別価格は4800円。

 「Archer C1200」は、IEEE802.11ac準拠の無線LAN、デュアルバンド、ビームフォーミングに対応し、2.4GHz帯なら最大300Mbps、5GHz帯なら最大867Mbpsで通信できる無線LANルータ。本体には、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート4基を搭載する。税別価格は6200円。