スピルバーグ監督とタッグを組む
トム・ハンクスとメリル・ストリープ 写真提供:アマナイメージズ、
Photo by Vera Anderson/WireImage

写真拡大

 トム・ハンクスとメリル・ストリープという2大名優が共演する新作映画「ザ・ポスト(原題)」で、スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンをとることが決まったと、米Deadlineが報じた。

 同作は、1971年にベトナム戦争に関する米国防総省の極秘文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を暴露したワシントン・ポスト紙の編集主幹ベン・ブラッディー(ハンクス)と発行人ケイ・グラハム(ストリープ)を描く実話ドラマ。トランプ政権とメディアの対立が深まる現在ではタイムリーな作品で、このほどスピルバーグが監督することを了承した。ハンクスとは「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「ターミナル」「ブリッジ・オブ・スパイ」につぐ5度目のタッグ、ストリープは「A.I.」で声の出演をしたことがある。

 脚本はリズ・ハンナで、エイミー・パスカル(「ゴーストバスターズ」)、クリスティ・マコスコ・クリーガー(「ブリッジ・オブ・スパイ」)が、スピルバーグとプロデューサーを務める。米20世紀フォックスとアンブリン・エンタテインメントとの共同製作となる。

 なお、スピルバーグ監督はアーネスト・クラインのSF小説「ゲームウォーズ」の映画化「レディ・プレイヤー・ワン(原題)」の仕上げの真っ最中で、同時に次作「The Kidnapping of Edgard Mortara(原題)」の準備を進めている。