左から柚月裕子『孤狼の血』表紙、柚月裕子

写真拡大

柚月裕子の小説『孤狼の血』の映画化が発表された。

【もっと大きな画像を見る】

2015年に刊行された『孤狼の血』は、『第69回日本推理作家協会賞』や2016年度『このミステリーがすごい!』第3位に輝き、『第154回直木三十五賞』の候補に選出された作品。暴力団対策法成立以前の架空の街である広島・呉原を舞台に、暴力団系列の金融会社社員失踪事件を捜査する警察や、事件をきっかけに起こる暴力団同士の激しい抗争が描かれる。

著者の柚月は同書について「『仁義なき戦い』なくしては生まれなかった作品。女が入ろうとしても入れない世界だからこそ格好いいというか、憧れました」とコメントしている。映画版は東映が製作。原作の呉原のモデルとなった広島・呉で撮影を行なう。スタッフやキャストは後日発表予定。