写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(46)と矢部浩之(45)が司会を務める日本テレビ系バラエティー番組『解決!ナイナイアンサー』が、7日の放送で最終回を迎え、4年半の歴史に幕を閉じた。

2時間SPのエンディングで、松本志のぶアナウンサーが「ここでお知らせがございます。この『解決! ナイナイアンサー』なのですが、今回で最終回ということになります」と最後のあいさつ。

心境を聞かれた矢部は「(開始から)4年半ですね」と切り出し、「この番組やる前、僕は独身やったんで。まだフラフラ遊んでいた時代で。結婚し、子ども2人できた。すごく"僕"が変わった番組だと思います」と青木裕子(34)との結婚、そして子宝に恵まれたこれまでを回顧。「ありがとうございました」と笑顔で頭を下げた。

一方の岡村は「芸能人の悩みに答える」という番組内容に触れ、「僕なんか人生相談をされる資格なんか全くないのに、結婚がどうや、子どもが生まれてどうや……ここ3年何も覚えてないですもんね」とぶっちゃげてスタジオ爆笑。「人生経験を積んで、また帰って来られたらなと思います。ありがとうございました」と結んだ。

放送終了後、番組公式ツイッターも「『解決!ナイナイアンサー』をご覧頂いてました皆様、4年半ありがとうございました!!」と終わりを告げるツイート。ネット上では、「また復活して欲しい」「さみし〜」「残念」「最終回まじかよ」「寂しいです」「終わるんか 改変っていやだな〜」といった終了を惜しむ声も上がっている。