人は、ネガティブなことを伝えるときこそ、本性が見えると思う #ふたりごと

写真拡大 (全4枚)

久美ちゃんがいうように、この連載自体が、私たちにとって完全なる思考のトレーニングだね。

私ってかなりのほほんと生きているから、自分のことや考えを具体的な言葉にするの、やっぱり苦手!って毎回痛感してる。

ネガティブな状況にあるとき、言葉と立ち居振る舞いに気をつける

自分なりの美学ね...。

いくつかあるような気がするけれど、パッと思い浮かんだのは、「ネガティブな状況にあるときは、言葉と立ち居振る舞いに気をつける」ということ。

誰かと異なる意見を言うとき、「それ、間違ってるよ」って忠告するとき、残念なお知らせをするとき、謝るとき、そして断るとき。

ネガティブな状況なときほど、どのくらい誠意を持って伝えるかによって、そこからの関係性が確実に変わってくる。

できれば面と向かって言いたくなくて、逃げたくなることもある。

10代のころは、そんな状況になった瞬間にさっと後ろを向いて一目散に逃げてた。でも、それってずっと気まずいじゃない? そして、逃げるから追われるんだって気づいた。

20代のころは、自分の感情に任せてひどいことを言ってた

毎日のように深夜まで仕事をしていた20代は、余裕が1ミリもなくて。取引先のミスに、自分の感情に任せてひどいことを言ってた。

独立してからは、取引先の方に「久子さんからの電話、怖いから出たくなくて居留守使ってましたよ」なんて言われたこともある。

いま思えば、私、相手のミスや納期とか、かなりゴン詰めしてたな(生意気ですみませんでした...)。相手のキャパに助けられた関係性だったって、だいぶ後になって分かった。

人は、ネガティブなことを相手に伝えるときこそ、本性が見えると思う。だから、どんな立場であっても、誠実に相手と向かい合うってことができる人でありたい。相手をおとしめたり、気持ちを削ぐような言葉は使いたくはない。

言葉は消えないから、真剣に慎重に選ぶようにしなくちゃ

良くも悪くも、言葉は、いったん自分の口から出たら、決して消えることはない。だからこそ、真剣に慎重に選ぶようにしなくちゃね。

これは常に心がけていること。

先日、私に飛び込んできた言葉。はあちゅうさん・著の『言葉を使いこなして人生を変える』のなかにゴロゴロあった。

冒頭の

言葉は魔法と言ってもいいと思うし、わたしたちはみんな魔法の使い手だ。

というところ。

うんうん。聞き慣れた言葉でも、シチュエーションによってはドキっとさせられることがある。言葉によって、いままで考えもしなかった感情が芽生えて、新しい世界への扉になってくれることもあるよね。

私には、頼りすぎるほどに言葉を操る能力はない

去年、ある広告に「言葉に頼りすぎると退屈な女になっていく」っていうのを見つけた。でも、残念なことに、私には、頼りすぎるほどに言葉を操る能力はない。

小手先で勝負したいわけじゃない。日々あふれる感情を、少しでも深く好きな人に伝えたいし、共有できたらいいなって思ってるだけ。

言葉は伝えるための道具に過ぎない。でも、だからこそ、道具を駆使して、言葉に想いを乗せたいなぁ。退屈な女になるギリギリまで攻めたいところね。

久美ちゃんは、最近、心を動かされた言葉はある?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

こちらも読まれています

・デニムは薄めに。メイクはナチュラルに。今すぐできる春支度

・我慢しなくていい。フットワーク軽く、好きなことをやる生き方 #sponsored

・いつものコスメで。印象ががらりと変わるファンデ&リップの塗り方 #sponsored