硬券切符

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は7日、会社発足30周年を迎え、新たなコミュニケーションスローガン「TICKET TO TOMORROW 〜未来のキップを、すべてのひとに。〜」を発表した。合わせて、様々な取り組みや記念企画も明らかにしている。

 

その企画の一つが、「JR東日本30周年記念入場券」だ。2017年4月現在の、同社の鉄道営業駅1634駅の各駅が硬券タイプの切符で登場。バインダー付き300セットの限定発売で価格は22万8760円。

 

発売日は鉄道の日の2017年10月14日で、申込数がセット数を超えた場合は抽選となる。

 

なお、切符は2018年3月31日までは実際に入場券として使用が可能になっている。

発表資料

URL:http://www.jreast.co.jp/press/2016/20170301.pdf

2017/03/08