【詳細】他の写真はこちら

これのバイク用とか、作れないかな?

ウィンタースポーツやスケートボードなど、スポーツの分野で幅広く活躍するヘルメット。これまでは装着中の音楽再生といえば、じゃまにならないインイヤー方式のイヤホンを使うのが主流でした。しかし新たに登場したヘルメット一体型ヘッドホンの『SOUNDSHIELD』なら、見た目もサウンドもノリノリになれそうです。

『SOUNDSHIELD』は耳の部分に大きな穴が空いたヘルメットで、この穴に専用のヘッドホンを内側からはめ込んで利用する仕組みです。はめ込み式の一体構造だから見た目はスッキリ、装着感にも悪影響を及ぼさず、スポーツ中の理想的なリスニング環境が再現できるというわけ。

単に音楽を再生するだけでなく、ワイヤレスでの音楽プレーヤー接続、マイクを使った友達との通話だって可能。一回の充電で16時間も利用できるということは、一日中思いっきり遊び回っても、まだまだ音楽を楽しめる余力がありそうです。

お気に入りの音楽をアウトドアで楽しむ!





スマートフォンとはBluetooth経由でペアリング。ペアリングはサイドのボタンプッシュで楽々。

音楽のコントロールは指先一つで





ボタン操作で音楽の再生/ストップ、ダブルタップで楽曲のスキップ、トリプルスキップで曲戻し、長押しでスマートフォンとのペアリング……と、耳元をタッチするだけであらゆる音楽再生操作をコントロール可能。



ヘッドホン外側にあるダイヤルを回せば音量調整もOK。従来のBluetoothヘッドホンの多くは音量調整の方法が課題でしたが、これならグローブをしたままでも操作できますよね。

ヘッドホン単品での利用も可能





このようにスポーツシーンに最適な『SOUNDSHIELD』。現在はクラウドファンディングサイトのIndieGOGOにて、189ドル(約2万1000円)で予約が可能です。ちょっと待つことにはなりますけれど、製品の出荷時期は2017年の12月を予定しています。来年の冬はこんな賢いヘルメット一体型イヤホンで、友達や彼女と雪山を駆け巡れたら楽しそうですね!

文/塚本直樹

関連サイト



IndieGOGO(『SOUNDSHIELD』プロジェクトページ)

関連記事



サメの背びれ風。ヘルメット装着型360度+360度カメラ『Real720Helmet』

ファースト・オーダーに入隊せよ! 最新SWレプリカヘルメット発売

非常時こそハンズフリーが活きる! 無線機内蔵の防災ヘルメット