【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーラン6週目のNo.1! レイ・シュリマーの2017年最長記録にタイ

写真拡大

 エド・シーランの新作『÷』(ディバイド)からの先行シングル「シェイプ・オブ・ユー」が、6週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 2017年度では、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」の首位獲得数(6週)とタイとなった、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」。この曲が収録された、3rdアルバム『÷』(ディバイド)が3月3日にリリースされ、次週のアルバム・チャートでNo.1デビューするだろうと予想されている。アルバムのプロモーション効果で、「シェイプ・オブ・ユー」も通算7週目の首位獲得を果たす可能性が高く、『÷』(ディバイド)の収録曲も多数ランクインするだろう。

 先週、56位にデビューした、ザ・チェインスモーカーズとコールドプレイのコラボ曲「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」は、リリック・ビデオの視聴回数が好調で、一気に5位まで上昇した。ザ・チェインスモーカーズは、7位に「パリ」が、10位に「クローサー feat.ホールジー」がランクインしていて、TOP10内に3曲を送り込む快挙を成し遂げている。同アーティストによる3曲同時ランクインは、ソング・チャート史上14組目となる。

 今週のアルバム・チャートで2作連続の首位デビューを果たした、フューチャーの新作『HNDRXX』からは、リアーナをゲストに迎えた「セルフィッシュ」(37位)、ザ・ウィークエンドが参加した「カミン・アウト・ストロング」(48位)がランクインした。フューチャーは、先週リリースしたアルバム『フューチャー』からも「マスク・オフ」(46位)「ドラコ」(64位)の2曲がランクインしていて、自身がフィーチャリング・ゲストとして参加した、マルーン5の新曲「コールド」が32位、アリアナ・グランデの新曲「エヴリデイ」が58位に、それぞれランクインしている。

 2月26日に開催された【第89回アカデミー賞】のオープニングで披露された、ジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」が、先週の29位から13位へ、急上昇した。また<歌曲賞>、<長編アニメ映画賞>にノミネートされた、映画『モアナと伝説の海』(日本公開3月10日)のテーマ曲「ハウ・ファー・アイル・ゴー」は、モアナ役を務めるアウリィ・クラヴァーリョが53位に、先日来日したエンドソングを歌うアレッシア・カーラが80位に、ランクアップを果たしている。

 そのアレッシア・カーラとゼッドの初コラボ曲「ステイ」が28位にデビューした。先週はカイゴとセレーナ・ゴメスの「イット・エイント・ミー」(今週22位)が12位に初登場し、テイラー・スウィフト&ゼインの「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」は、3位に停滞中。ここ最近、男女のコラボ曲が大流行している。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、8日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
2位「バッド・アンド・ブージー」ミーゴズ feat.リル・ウージー・ヴァート
3位「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」ゼイン&テイラー・スウィフト
4位「ザッツ・ワット・アイ・ライク」ブルーノ・マーズ
5位「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ
6位「ラヴ・オン・ザ・ブレイン」リアーナ
7位「パリ」ザ・チェインスモーカーズ
8位「トンネル・ヴィジョン」コダック・ブラック
9位「バウンス・バック」ビッグ・ショーン
10位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー