映画「ひるなかの流星」で主人公・すずめ(永野芽郁)が恋する高校教師・獅子尾を熱演した三浦翔平/撮影=大石隼土

写真拡大

女子中高生の“初恋のバイブル”とされる人気のやまもり三香による漫画を映画化した「ひるなかの流星」が3月24日(金)より公開される。田舎育ちでピュアなヒロイン・与謝野すずめを永野芽郁が、彼女が恋する高校教師・獅子尾を三浦翔平、すずめに思いを寄せるクラスメートの馬村を白濱亜嵐が演じる。

【写真を見る】こんな先生がいたら誰でも好きになっちゃう!?/(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)やまもり三香/集英社

原作を忠実に再現した胸キュンが満載の映画「ひるなかの流星」キャスト陣によるリレー連載の第2回は、“大人の余裕”で主人公・すずめを魅了した獅子尾五月(ししお・さつき)役の三浦翔平のソロインタビューをお届けします!

■ 大人はみんなずるい(笑)

――三浦さん演じる獅子尾先生は、さりげなく頭ポンポンしたり、とにかくキュンキュンさせっぱなしでした。“それ、ずるいな〜”と思うシーンも多かったと思いますが…。

そうですね、大人はみんなずるいですからね(笑)。

――大人の余裕を感じさせつつも、「恋をするときめきを思い出す」みたいな役だったと…。

原作が漫画なので、(先生と生徒の恋)実際にはあまりあり得ないことだとは思うんですけど、常識だけではなく、その自分の心が勝ってしまったときと、自分の気持ちを抑えなきゃいけないときと、っていう思いのはざまで葛藤して、その場の最適な言葉を選んでるのが獅子尾かなと感じます。難しい面もありましたが、すごく楽しんで撮影ができました。

――すずめも、とても魅力的な女のコでした。

すずめはいい意味でも悪い意味でもピュア。真っ白なキャンパスのような彼女が恋を知って、大人になっていく。そんなすずめの成長が魅力であり、獅子尾も彼女のそういうところにひかれていったんじゃないかな。

――永野芽郁さん、白濱亜嵐さんとは初共演ですね。

顔合わせのときに初めて会ったのですが、芽郁ちゃんはしっかりしてるんだなぁと思いましたね。亜嵐はテレビで見てた人だって。GENERATIONS。きょうの取材で久々にお会いしましたが、こないだライブにも行かせてもらいました。

――三浦さんと白濱さんは、先生と生徒で恋のライバルですけど、現場はどんな感じでしたか

亜嵐とのシーンは、そこまで多くなかったんですよね。初めの一緒のシーンが一番バチバチするシーンだったんで、それが先に終わったので、あとは仲良く…(笑)。

――青春の要素がいっぱいの作品ですね。

体育祭のはちまきとか。もうあれは身に付けてるだけでちょっとね、(青春時代を)思い出しました。

――三浦さんが一番大人ですが、年齢差みたいなものは感じましたか?

亜嵐においてはリレーのシーンがあったんですが、やっぱり普段動いてる分か、圧倒的に体力の差を感じました(笑)。あと、よく食べますね。芽郁ちゃんは若いっていいなって、もう常に思います。だって何でもできるじゃないですか。これから20歳を超えてくると、ちょっとずつ大人として見られてきて、嫌だなって思うことが勝ってきたり、疲れてくるわけよ、体が(笑)。

――でも、永野さんも白濱さんも頼りになるとおっしゃってます。

現場で監督といろいろ話すことが多かったからかな。あとは、自分にカメラ向いてないときでも、芽郁ちゃんがちゃんと、自然と演技できるようにはね、やらないととは思っていたので、そう思ってくれたのかな。

■ エンターテインメントをもっと向上させたい

――ちなみに、映画のタイトルに“流星”とありますが、流れ星にお願いしたいことはありますか?

身近なもので言えば、映画をもっとやりたい。世界的な目で見ると、テレビドラマは日本国内でしかやってないから。あとは、日本エンターテイメントの向上。役者としてとか、そういうことじゃなく、クリエイティブな製作もやりたいし。例えば、今の日本の役者は映画とドラマ、ムービー俳優、舞台俳優と別れているけど、そうじゃなくて、エンターテインメントとして全体的に大きくなっていきたいなと。そのために今後、自分の力をつけるのはもちろんだけど、これから出てくる才能のある若者がどういう場所でもっと活躍できるのかという道を、今の俺たちが数十年したときに作ってあげられているのか。それを考えて、今、やるべきことは何なのかというのをやってます。

――そのために、今、やるべきことは何なんでしょうか?

役者仲間でもそういうことを話したりしますけど、今はプロダクションが個々にあるから、それをうまく協力していかないと、とは思ってますね。