7日、中国が米韓による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に断固反対を表明する中、THAADの装備の一部がこのほど韓国に到着した。これを受け、中国外交部の耿爽報道官は「この問題で生じた一切の結果は、米国と韓国が担う」と述べ、反発した。資料写真。

写真拡大

2017年3月7日、中国が米韓による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に断固反対を表明する中、THAADの装備の一部がこのほど韓国に到着した。これを受け、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は「中国は必要な措置を講じて自国の安全上の利益を守っていく。この問題で生じた一切の結果は、米国と韓国が担う」と述べ、反発した。中国国営新華社通信が伝えた。

韓国国防部と在韓米軍は7日、THAADの装備の一部が韓国に到着したことを明らかにした。なるべく早い時期に配備を完了させるという。

耿報道官は「関係方面が配備のプロセスを停止し、誤った道をたどらないよう強烈に促す」とも述べた。(翻訳・編集/柳川)