(c)2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会

写真拡大

 藤原竜也×伊藤英明W主演作『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』の予告映像が公開され、あわせてロックバンド・感覚ピエロが歌う主題歌も明らかになった。

参考:動画はこちら

 本作は、『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠が監督し、藤原竜也と伊藤英明がW主演を務めるサスペンスエンターテインメント。時効を迎えた連続殺人事件の犯人と、その事件を担当した刑事が22年ぶりに再会、そこから新たな事件が巻き起こっていく模様が描かれる。

 この度公開された予告映像では、美しき殺人犯・曾根崎雅人(藤原竜也)と、22年間犯人を追い続けた刑事・牧村航(伊藤英明)の再会シーンが描かれている。時効成立後に「私が殺人犯です」という告白本を出版し、サイン会、会見、テレビ出演などを経て一躍時の人になっていく曾根崎。曾根崎が牧村と再会し、「あんたがどんくさいから5人も死んだんだよ」と悪びれもなく言い放つ様子や、新たに始まる事件の一端も映し出されていく。

 藤原竜也は、殺人鬼役について「すごく難しい役でしたが、(仕上がりが)とても楽しみです。衣装チー ム、ヘアメイクチーム含め、話題性、カリスマ性のあるひとりのキャラクターを作り上げてもらって、監督、まわりのスタッフが新たな役を作ってくれました。今まであるようでない役柄です」と語っている。また、藤原との共演について、伊藤英明は「主演の名前に藤原竜也くんの名前を聞いたときにはすごく嬉しかったですし、一緒に実際にやってみて、壁がないというか、盛り上げて現場を引っ張っていくのはものすごく頼もしい役者さんです」とコメントしている。

 また、予告編で流れる主題歌は、ドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌を務めた感覚ピエロの書き下ろし楽曲「疑問疑答」。ボーカルの横山は、「『22年目の告白』を初めて観た時、その後味の強烈さと生々 しさにただただ圧倒されました。今回その映画の世界観と、感覚ピエロが表現したい「刺激的なロック」とが互いにクロスし生み出されたのが「疑問疑答」です。強烈に、泥臭く、それでいて繊細。そんな人間の奥底に潜む心の生々しさとエグさを、楽器とメロディと歌詞で表現しました」と、楽曲のテーマを説明している。

【キャスト・アーティスト・監督 コメント】

■藤原竜也

すごく難しい役でしたが、(仕上がりが)とても楽しみです。衣装チーム、ヘアメイクチーム含め、話題性、カリスマ性のあるひとりのキャラクターを作り上げてもらって、監督、まわりのスタッフが新たな役を作ってくれました。今まであるようでない役柄です。本当に自分としても面白かったです。伊藤さんとの共演は、刺激的でしたね。面白い方ですし、勉強になりました。 伊藤さんの発言によって、俳優として気づかされたところも多かったです。

■伊藤英明

物語の軸が、僕が演じた牧村中心に動いているので、見ている人が前後をちゃんと想像できるように監督とひとつひとつ丁寧に話しながら作っていきました。主演の名前に藤原竜也くんの名前を聞いたときにはすごく嬉しかったですし、一緒に実際にやってみて、壁がないというか、盛り上げて現場を引っ張っていくのはものすごく頼もしい役者さんです。

■感覚ピエロ/横山直弘(Vo&Gt)

『22年目の告白』を初めて観た時、その後味の強烈さと生々しさにただただ圧倒されました。 今回その映画の世界観と、感覚ピエロが表現したい「刺激的なロック」とが互いにクロスし生み出されたのが「疑問疑答」です。 強烈に、泥臭く、それでいて繊細。そんな人間の奥底に潜む心の生々しさとエグさを、楽器とメロディと歌詞で表現しました。 「22 年目の告白」と感覚ピエロのサウンドによって生まれた今回のプロジェクト。是非この刺激的な体験を皆さんも体感してくださ い。

■入江悠監督コメント

映画を観た人が最後まで油断できないようなロックな音にしたい、というイメージがありました。感覚ピエロさんに初めて映画を観ていただいた時、お客さんとして本当にすごく興奮してくれていたので、そのままの熱で作っていただければ大丈夫 だと確信しました。「映画館を出る時にはじめて一息つけるような音楽にしてください」とお願いしたのですが、できあがっ てきた楽曲を聴いた時、こちらの想いを完全に理解してくださっていてとても嬉しかったです。映画から感じたことをストレ ートに楽曲「疑問疑答」にぶつけてくれて、若さってやっぱりすごいなと。彼らの若い才能に触れながら、一緒にものづくりが できて楽しかったです。この映画にふさわしい、繊細でいて、しかも衝動的な最高にロックな音楽です。(リアルサウンド編集部)