女優のスカーレット・ヨハンソンが現地時間7日、フランス人ジャーナリストのロメイン・ドーリヤックとの離婚を申請した。

スカーレットはロメインと2012年に交際をスタートし、2014年9月に第1子ローズちゃんを出産したことが明らかに。その翌月の10月に結婚した。しかし、今年1月に2人が昨年夏に破局したと伝えられた。破局報道があった日に2人はニューヨークで行われた展示会レセプション「An Uncanny Likenes」に出席し、カメラに向かって写真を撮っていたため、友好的な関係を保っているようであった。

そして、スカーレットの弁護士が現地時間7日に離婚届を提出したと「ニューヨーク・ポスト」紙は伝えた。

ロメインの弁護士は「彼は娘と一緒にフランスに移住したいです。ヨハンソン氏はたくさん(仕事で)移動があります」「興味深いプロセスになるでしょう」とコメントした。

関係者によると、2人は破局後に隔週でローズちゃんと一緒に過ごすように決めていたとのこと。しかし、スカーレットは映画の撮影で海外に滞在することが多く、ローズちゃんも海外に行くことがあったという。今後親権を巡って離婚が泥沼化する可能性もありそうだ。

破局前のロメイン・ドーリヤックとスカーレット・ヨハンソン (c)Imagecollect.