7日に行われたWBC(ワールドベースボールクラシック)1次ラウンドで日本が登場し、キューバに11-6で打ち勝った。先制して追いつかれながらも長打で突き放し中盤には一気に3ランを含む大量5点を取って流れを引き寄せた。キューバも粘りを見せ追いつこうと点を重ねるが、日本はその度に点差を広げる力強い試合運びだった。

 開幕前の強化試合では本番に向けて不安材料もあった。先発の石川が初回から不運な出塁を抱えるもダブルプレーで切り抜けると、4回1失点の順調な滑り出しを見せる。日本は1回裏、2アウトから3番青木の2塁打と4番筒香の右前打で先制し試合の主導権を握る。

 3回に追いつかれたが、4回に2アウト2塁で山田のホームラン性の打球を観客が捕球してしまい2塁打となる。それでも2-1と突き放し、5回から中継ぎに則本が登板して3者凡退に仕留めるとムードは日本に傾いた。その裏、1点を取った後、松田の3ランが飛び出しさらに追加点を挙げ一気に7-1と大量点差にする。

 キューバも7回に3点を奪い7-4とされるが、すぐにその裏、今度は筒香が2ランを浴びせ9-4と再び突き放す。キューバは8回にも継投の平野、秋吉から2点を奪って9-6と粘るが、またもその裏に2点を加えて11-6とする。9回は牧田が0点に押さえ込んで、2大会ぶりの優勝に向けて、日本は勝利でのスタートとなった。