名古屋グランパスを退団して韓国2部の釜山アイパークに加入した安田理大【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

韓国2部へ移籍した安田理大。その理由とは?

 名古屋グランパスを契約満了により退団した元日本代表DF安田理大。その去就に注目が集まったが、新天地に選んだのは韓国2部の釜山アイパークだった。Jリーグでは数々のクラブを渡り歩き、オランダでのプレー経験もある安田が、なぜ韓国2部のクラブを選んだのだろうか? その背景、そして日本と韓国の違いについて感じたことを語ってくれた。(取材・文:キム・ドンヒョン【韓国】)

------------

 2017年2月末日。韓国第2の都市である釜山を訪れた。ソウルからはおよそ450kmほど離れており、車ではおよそ5時間くらいかかるこの大都市は、福岡や大阪からフェリーで移動することが可能だ。そのため、多くの日本人観光客が訪れる都市でもある。

 しかし今日は観光が目的ではない。Kリーグというドアをノックしてきた新たな日本人選手に会うためだ。その主人公とは元日本代表サイドバック、安田理大である。

 ユース時代から各世代代表に選出されるなどエリートコースを歩み、G大阪、フィッテセ(オランダ)、サガン鳥栖、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスといったクラブを渡り歩いた彼が選択したのは、意外にもKリーグチャレンジ(2部相当)の釜山アイパークだった。その理由を直撃するため、釜山を訪れたのだ。

 だが、思わぬアクシデントが起きた。クラブの事情により、対面インタビューが急にキャンセルされたのだ。そこで急きょクラブからの了承を得て、電話でのインタビューを行った。

――安田理大といえば日本でも屈指のサイドバックでした。韓国、それも実質2部の釜山アイパークを選んだ理由やここに来るまでの流れを教えていただけませんか?

安田理大(以下、安田):まず名古屋との契約が1月に満了して、フリーで契約ができる状況にありました。正直なところをいうと、ACLに出場できるクラブにプライオリティを置いていました。実際、ACLに出場できるクラブとも交渉を進めていたんですけど、契約まで待たなければいけない状況の中で、チームをいち早く決めなければいけませんでした。

 ちょうどその時に釜山からオファーが届いて、コンディションを上げたいという気持ちで韓国に行きました。自分が全く知らない環境で、自分を初心に戻したいと思ったんです。調子を落としてきたのも確かにあるので、Kリーグチャレンジで調子を戻したいというのもありました。

言語の違いに戸惑いも…2度目の海外経験が糧に

――韓国のチームについての印象は?

安田:韓国に来る前から、韓国のクラブの練習がすごいというのは知っていました。サガン鳥栖時代にはユン・ジョンファン監督(現・セレッソ大阪)と一緒にやっていましたけど、3部練習もありましたし(笑)

 でも個人的には練習がハードな方が自分には合うと思っています。実際、鳥栖に所属していた時のコンディションは結構よかった。スタイル的にも追い込まれないといけないスタイルだけど、そういった部分でこういった練習量が助けになる部分もあります。

――海外移籍はオランダに続いて2回目ですが、ここまでの感触は?(※2011年1月から2013年6月までオランダのフィテッセに在籍し、45試合に出場している)

安田:オランダに移籍した時は、初めての海外挑戦でした。というか、ユース時代から過ごしたガンバ大阪を離れること自体が初めてだったので、考える時間、考える暇が全くなかったですね。

 英語もその時はほぼわからなかったから。負担がかかる部分もありましたね。だけど今回は2回目の海外チャレンジだし、何回も移籍を経験しているので、適応に関する不安はありませんでした。

 でも、やっぱりハングルが読めないのは不便に感じますね。オランダにいる時にはアルファベットで、翻訳アプリなどを使えばすぐわかったりしましたけど、ハングルは文字を打つことがまずできない。でもチームに日本語を喋れる選手が2人いて、フィジカルコーチが英語が喋れるので、日本語と英語を混ぜて使ってます。

 新居が決まるまではクラブハウスでの生活ですけど、当たり前のように一人部屋だと思ったら3人部屋でした。一人でいる時間を大事にしたいタイプなので、正直驚きましたね。(笑)

 でも、クラブのスタイルとかルールを熟知してこそ自分のパフォーマンスが出せると思うし、これが韓国のスタイルで、監督の決めた事であるならば、それをリスペクトしたいですね。文句を言うつもりもないです。

韓国では左右のSBにボランチも。コンディションも徐々に向上

――釜山という街の印象は? 大阪に似た感じとよくもいわれますが。

安田:最初にクラブハウスに来た時はあまりにも田舎で、『ここでうまくやっていけるかな』という思いは確かにありました。だけど、この前のオフでヘウンデ(※釜山で最も大きい繁華街。海水浴場が繁華街のすぐ手前にあるなど異彩を放つ街で知られる)に行ってみたらまさに最高でしたね。ロケーションもよくて、大阪というより神戸に似たような感じでした。大阪は釜山ほど海が綺麗じゃないですし(笑)

――練習試合では右サイドバックを任されていると聞いていますが、チームから求められる役割は?

安田:右もそうだけど、左も任されたり、ボランチもやったりしています。いろんなポジションをこなせるのは確かに自分のストロングポイントだと思っているし、そういう部分ではどのポジションを任されてもやれる自信はあります。

――現在のコンディションは?

安田:100%ではないですね。韓国のシーズンは日本よりも早く始まるけど、僕が調子を上げ始めたのは1月末でした。なので体を作り上げて1ヶ月も経っていない。だけど、ゲームコンディションは上がっていってます。今月に入って(練習試合で)2回もフルタイムを経験していますし。

――3月4日の開幕戦が迫っていますね。(城南FCとの開幕戦はベンチ入りするも出場はなし)

安田:確かに、時間はあまりない。でも選手ならピッチで100%を発揮しなきゃいけないし、ケガをしていてもコンディションがよくなくても、プロならピッチ上で100%の力を注ぐべきだと思います。

「日本人選手は少し甘いというか、ハングリー精神がないように見える時がある」

――まだ韓国に来て1ヶ月しか経っていませんが、サッカーをする上で韓国と日本の一番の違いは何だと思いますか?

安田:スピードやフィジカル、あとファイティングスピリットは韓国のほうが上回ってますね。戦術的なところでは日本が上かな。いい意味でも悪い意味でも日本の方が組織されてますね。いい環境は整えられてるんですけど…僕からすると日本人選手は少し甘いというか、ハングリー精神がないように見える時があります。環境が良いのはいいことだけど、この良さがグラウンドで怠慢につながってはいけないと思うんですよね。

 オランダに初めて行ったとき、フィテッセのクラブハウスや設備があまりにも古くてすごくびっくりしました。でも日本でずっとサッカーをやってたら、たぶん設備のよさとか、『今まで自分がどれほど恵まれた環境だったのか』っていう感覚はまったくなかったはずだと思います。だから、そういう部分では韓国の選手たちはメンタル面で成長したんじゃないかなと思っています。

――今年の目標は?

安田:まずは試合に出ること。あとは試合に出場してチームをKリーグクラシック(1部)に昇格させることです。(個人的な目標は?)具体的な数字はないけど、シーズンが終わった時点で『今年は充実していた』って振り返られるシーズンにしたいですね。

(取材・文:キム・ドンヒョン【韓国】)

text by キム・ドンヒョン