写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイオステクノロジーは3月7日、SAPのERP製品に特化したHAクラスタ・ソフトウェアである「SIOS Protection Suite Linux v9 EE」(SPS-EE)を販売開始した。価格は1ライセンス170万円から。

新製品は、Linux OS上でSAPのERPを構成する「NetWeaver」や、インメモリ・データベースである「HANA」をHAクラスタ化するための各種コンポーネントを備えたパッケージ製品で、同社は新製品は、アプリケーションやミドルウエアを含むトータルなシステムに対する監視と、障害時の素早い自動復旧をオンプレミス環境と同等レベルで可能にする製品だとしている。

クラウド上でSAP製品を使用する際に同製品を利用することで、システム管理者はGUI上での操作を通して、ビジネス・プラットフォームに要求される高い可用性を短期間で確保可能になるという。

(山本善之介)