親の職業別・貧富別"子の遊び&趣味"傾向

写真拡大

親が貧困層か富裕層のどちらに属するかによって、子どもの遊び・趣味・習い事などの体験率には極めて大きな差がある――。

■職業によって聞く音楽ジャンルはこんなに違う!

フランスの社会学者、ピエール・ブルデューが『ディスタンクシオン』という本を書いています。社会学の世界では、広く知られた名著です。「ディスタンクシオン(distinction)」とは、フランス語で「差異」という意味です。

この本では、人々の趣味や嗜好が階層によって大きく異なることが明らかにされています。

たとえば、読む雑誌を調べてみると、ホワイトカラー層は文芸誌を好むが、ブルーカラー層は大衆誌を好む。服装、映画、スポーツなどの嗜好にも、階層による違いが明瞭に出るのだそうです。

まさに「差異」ですが、これは階層がはっきりしている西洋の話であって、日本ではこういう現象は見られないのではないか、といわれます。なるほど、教育社会学の授業でこういう話をしても、ピンとこない学生さんが多いように思います。

しかし、実証データがないわけではありません。

柴野・菊地・竹内編『教育社会学』有斐閣(1992年)という本の161ページに、趣味の職業差を鮮やかに示した統計図が載っています。横軸にクラシック音楽鑑賞、縦軸にポピュラー音楽・歌謡曲の鑑賞実施率をとった座標に、複数の職業を配置したグラフです。

これをみると、教員などの専門的職業従事者は右下にあり、販売職や労務職は左上に位置しています。前者はクラシック音楽を好み、後者は大衆的なポピュラーや歌謡曲のほうを好んで聴く、ということです。

この図は、1986年の総務省『社会生活基本調査』のデータをもとに作図されたようですが、最近のデータでも、こういう傾向が出てくるでしょうか。

■明瞭な階層差 職業別「パチンコ・美術鑑賞」実施率

最新の2011年のデータを使って、追試をしてみましょう。しかるに、同じ図を再現するだけというのは芸がないので、ちょっと観点を変えてみます。ここでは、美術鑑賞実施率とパチンコ実施率のマトリクス上に、それぞれの職業を散りばめてみます。

前者は芸術趣味、後者は大衆趣味の代表格ですが、どういう図柄ができるか。図1をご覧ください。

斜線(均等線)よりも下にあるのは、パチンコよりも美術鑑賞の実施率が高い職業で、上にあるのはその逆(美術鑑賞よりもパチンコの実施率が高い職業)です。前者には、教員をはじめ、一般事務や保健医療など、ホワイトカラー職が多くなっています。後者の青色の枠内には、建設業、製造業、輸送・機械運転業などのブルーカラー職が多く位置しています。

ほう。フランスから遠く離れた東洋の日本でも、趣味という点において、明瞭な階層差が観察されるではありませんか。この図は、授業で「ディスタンクシオン」の話をする際に使える、いい教材になりそうだなあ。

こういう差異を大げさに取り上げて何が面白いのか、という意見もあるでしょう。どういう趣味を持とうが個人の勝手であり、別にとやかく言うことではありません。

しかし、教育社会学の観点から重要な問題を提起できます。こうした親世代の趣味・嗜好の違いが、子どもの教育達成の格差に転移されはしないか、ということです。

学校で教えられる抽象的な文化に親しみやすいのは、明らかにピンク枠の家庭の子弟でしょう。家には、各種の蔵書も多いと思われます。

■歴然たる差 親の貧富別「子どもの趣味」実施率

ちなみに親の趣味・嗜好が子どもに伝播するのか分かりませんが、子どもの趣味も家庭環境によって違っています。図2は、小学生(10歳以上)の趣味を、貧困層と富裕層で比較したものです。横軸に年収300万未満、縦軸に年収1500万以上の児童の実施率をとった座標上に、33項目の趣味を配置しています。

実斜線は均等線で、このラインより上にあるのは、貧困層より富裕層の子どもの実施率が高い趣味です。趣味をやるにもお金がかかる面があるのか、ほとんどの項目で富裕層の実施率のほうが高くなっています。逆に、富裕層より貧困層の子どもの実施率が高いのは、カラオケやキャンプくらいです。

点斜線よりも上に位置するのは、富裕層の実施率が貧困層よりも10ポイント以上高い趣味です。芸術系の趣味は、階層差が大きいようです。ここでみているのは家庭の経済力による差ですが、親の職業による違いも顕著でしょう。横軸にブルーカラー、縦軸にホワイトカラー家庭の実施率をとったグラフにしても、同じような図柄になると思われます。

これから先、大学入試もペーパー主体から人物重視に方向転換されるそうですが、そうなった時、親世代の文化差が、子ども世代のアチーブメント(達成度)に投影される度合いが高まらないかどうか。面接での立ち振る舞い、余裕の程度、話題の豊富さ……。こういうことは、ペーパーで測られる読解力や計算力などよりも、家庭の文化的環境を色濃く反映すると思われます。図2のような「体験格差」を媒介にしてです。

■親が貧困層か富裕層かで変化「子の海外旅行経験率」

なお、家庭環境による「体験格差」は、近年になって拡大の傾向にあります。図3は、小学生の美術鑑賞と海外観光旅行の経験率が、過去5年間でどう変わったかを、貧困層と富裕層で比べたものです。

ご覧の通り、この5年間で差が開いています。貧困層の実施率が下がっているのは、年収300万未満というくくりの中で、年収200万未満の極貧層が増えているためでしょうか。

一方、富裕層では美術鑑賞、海外観光旅行とも、実施率が上がっています。「人物重視」「生きる力」といった教育界の動向をいち早く察知し、わが子を適応させる戦略を取っているのかもしれません。間もなく公開される2016年のデータでは、どうなっていることか。

学校でのアチーブメントの規定要因として、家庭の経済力が大きいことはよく知られていますが、実際のところは、こうした経済資本よりも、ここで垣間見たような「文化資本」の影響が強いと思われます。

その意味で、見えざる文化の「差異(distinction)」を可視化するのは意義あることであって、家庭の文化資本の量と子どもの教育達成の相関を明らかにする研究も必要になります。

それは、家庭と学校の文化的距離を縮める実践を促すエビデンスにもなります。外国籍の子どもも増えてくる中、「文化と不平等」という視座を据えることも求められるでしょう。(宮島喬『文化と不平等』有斐閣、1999年)。

(教育社会学者 舞田 敏彦 教育社会学者 舞田敏彦=文・図版)