メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演へ

写真拡大

メリル・ストリープとトム・ハンクスが、新作「ザ・ポスト」で初めて共演するようだ。

スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンを執り、メリルとトムが出演する同作は、ベトナム戦争を激化させ、カンボジアやラオスに爆弾を投下する原因となりながらも、1972年まで主流メディアで報道されることがなかった極秘報告書ペンタゴン・ペーパーズを取り巻くストーリーになるようだ。

ハリウッド・レポーターの報道によると、メリルはワシントン・ポスト紙の発行人ケイ・グラハム、トムは同紙の編集者ベン・ブラッドリーを演じるという。

実話に基づいたその脚本で、2人はアメリカ政府にベトナム戦争の詳細を国民に伝える権利を得るために奮闘する。

現在公式に発表されている同作のあらすじには「ウォーターゲート事件が起きる前、そこではペンタゴン・ペーパーズ事件が起きていた。この作品はワシントン・ポスト紙の代表キャサリン・グラハムと伝説の編集者ベン・ブラッドリーが、自らの人生、そしてホワイトハウスと同紙の関係性をも永遠に変えてしまうことになるストーリーを報道するため、互いの意見の相違を乗り越える姿を描いた物語である」とつづられている。

トムは、これまでにスピルバーグ監督と2015年「ブリッジ・オブ・スパイ」、2004年「ターミナル」、2002年「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」、1998年「プライベート・ライアン」で仕事をしており、今回の新作で5度目のタッグだ。

一方メリルは以前、スピルバーグ監督がメガホンを執った2001年「A.I.」に出演している。