軍が起業家の揺りかご──イスラエル「8200部隊」の秘密(後編)

写真拡大

近年、シリコンバレーを凌ぐ勢いでスタートアップを輩出しているイスラエル。政治的な緊張を抱え、限られた資源しかもたない同国では、軍が起業家の揺りかごだ。軍で身に付けられるスキルとはー。ベールに包まれた機関について関係者が語った。
【前編はこちら】

人の生死が生み出すモチベーション

キラ・ラディンスキー(29、写真1枚目)は数カ月にわたる最初の軍事教練を終えると、8200部隊の中でもさらに極秘のグループである81部隊に配属された。人員数はおそらく、8200部隊の兵士の5分の1程度。このグループが力を注ぐのは、戦闘部隊の兵士に最新鋭のテクノロジーを供給することだ。
 
ラディンスキーは当時の仲間のことを、こう振りかえる。

「とにかく優秀でした。私と同様に15歳で大学教育を受け始めた人々で、3つの学位を同時に取得した者もいました」
 
81部隊の生みだすソリューションにはイスラエル国民の命がかかっていて、そのことが彼女たちのなかに金銭には代えられないモチベーションを生んだ。

「人の生死がかかった課題です。解決する以外に道はないーそう理解した瞬間に、私たちの行動のすべてが大きな意味を持ち始めます。あとはアドレナリンの力でやるだけです」
 
24〜48時間シフトの「特務作戦」に就いたこともある。共に戦った仲間は家族のような存在になっていった。
 
現在、彼女は「セールスプレディクト」社を共同創業し、顧客定着率の予想データを提供している。会社に加わった8200部隊出身者たちはいまも、アドレナリンに突き動かされ、”家族”のように仕事に当たっている。彼女は軍務についていた日々のことを次のように回想する。

「任務が失敗しても犯人探しをすることなどなく、チーム全員で責めを受けました。勝利は全員の勝利、敗北は全員の敗北。チームで世界と対峙していたのです」

「勝つか死ぬかですよ」と、ラディンスキーは言う。

「リスクをとることを怖いとは思いません。以前は、もっとずっと大きなリスクを負っていたのですから」

入れ替わりの激しさを強みに

ナダフ・ザフリル(46、写真2枚目)はサイバーセキュリティのインキュベーション企業「チーム8」の共同創業者兼CEOだ。ザフリルは8200部隊の司令官を5年間務めたあと、13年に除隊。在任中にはサイバー空間の戦いに目を光らせる精鋭チーム「サイバー・コマンド」を創設した。
 
彼は部隊の流動性を評価している。兵役期間は平均4年だが、この最先端の技術部隊でも毎年25%ずつ人員が入れ替わる。一般の大企業ならギョッとするような数字だが、動きの速いITの世界ではこれが大きなメリットになると、ザフリルは主張する。

「毎年若さと賢さ、やる気と情熱を持った男女が入ってくるのです。新たな視点から課題に目を向ける者たちがね」
 
また8200部隊の除隊者は、他の在郷軍人と同様40代前半まで、年間最大3週間の予備役を務める。除隊後も10〜20年にわたって後輩が開発する最新テクノロジーに触れることができるのだ。
 
時には8200部隊自体が、優秀な隊員の起業を支援するインキュベーターの役割を引き受けることもある。イスラエル経済にとっては、雇用や富が創出される上に、国内のIT技術者に一定の刺激を与えることにもなるとザフリルは言う。

「彼らは『自分ならもっと稼げるぞ』と思うのです」

8200部隊の人脈が企業をつくる

エラド・ベンヤミン(41、写真3枚目)の父、メナシェは8200部隊で25年間を過ごしたあと、医療画像用のソフトウェアを作る会社を起業した。

「8200部隊で得たものがなかったら、父が起業するのは難しかっただろうと思います」とエラドは言う。それは、医療分野のスタートアップを立ち上げた彼自身にしても同じなのだ。
 
メナシェの会社が最終的にコダックに買収された時、社員の3分の1は8200部隊のOBだった。現在エラドが雇っている社員の半数も、同部隊の出身だ。
 
スタートアップ国家のイスラエルでは、8200部隊OBのネットワークを過小評価することはできない。エラドは、8200部隊で除隊を間近に控える者を1人つかまえ、そこから情報を得てさらにメンバーを勧誘するという。これこそが確実に、優秀な人材を採用する方法なのだ。

「彼らは一定水準の自信とスキルを兼ね備えています」と、エラドは言う。

「24歳の彼らは5〜6年にわたり、現実世界で、任務に即したシステムや製造物やシナリオを扱っています。理論ではなく、実践をこなしてきたのです」

8200部隊(Unit 8200)/イスラエル諜報機関◎独立以前から存在した「シンメン2(ヘブライ語で「新たな軍務」)」が1973年の第4次中東戦争後に再編成され生まれたIT産業研究開発のハブ。実態はほとんど知られていないが、イスラエル軍の情報作戦には欠かせない諜報機関。