画像

写真拡大 (全3枚)

 MAMORIOと相鉄グループは、遺失物早期発見IoTデバイスを活用した「忘れ物自動通知サービス」を3月31日まで試験導入する。同サービスでは、紛失物が特定のスポットに到着した際に、持ち主に預かり場所を自動で通知する。

 MAMORIO(以下、MAMORIO社)は、遺失物早期発見IoTデバイス「MAMORIO」を提供している。これは、Bluetooth Low Energyを活用したタグを所持品に付けると、紛失時にスマートフォンを使い、置き忘れ防止アラートと紛失場所の地図表示、ユーザーの相互捜索によるクラウドトラッキングができるもの。
MAMORIO

 今回、MAMORIO社と相鉄グループは、MAMORIOを活用した忘れ物自動通知サービスを3月31日まで試験導入する。具体的には、相鉄線二俣川駅「お忘れ物センター」、相鉄バス横浜営業所、ジョイナス防災センターに「MAMORIO Spot」を開設。MAMORIOを付けた所持品を紛失した際に、MAMORIO社の「クラウドトラッキング機能」によって、その紛失物がMAMORIO Spotに到着した際に、持ち主に預かり場所のスポット名を自動で通知する。
忘れ物自動通知サービスのイメージ

MarkeZine編集部[著]