画像

写真拡大 (全4枚)

 ニールセン デジタルは、2017年1月の主要な「SNSやコミュニケーションアプリ」の利用状況を発表した。データからは「SNOW」の利用者規模および属性割合が2年前の「Instagram」と類似していることなどがわかった。

 スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」のデータによると、「LINE」はスマートフォン利用者の約80%にあたる4,807万人が利用していた。半年前の2016年7月と比較すると8%増と、継続して利用者を伸ばしている。
SNSやコミュニケーションアプリの利用者数 2017年1月

 また顔認識や写真加工、スタンプ機能を取り込んだ動画コミュニケーションアプリの「スノー SNOW」の利用者が408万人となり、半年前(322万人)と比較をすると27%増加していた。これは「SNSやコミュニケーションアプリ」の中で最も高い増加率だ。

 利用者数上位3アプリ、および写真や動画がメインコンテンツとなっている「Instagram」と「スノーSNOW」の2アプリに注目して性年代構成を見ると、すべてのアプリで18-34歳以下の女性の利用者割合が最も高くなっていた。
SNSやコミュニケーションアプリの性年代構成比 2017年1月

 それぞれのアプリの特徴を見ると、「LINE」と「Facebook」は男女各年代で均等に利用者がおり、「Twitter」は34歳以下の男女、「Instagram」「スノー SNOW」は34歳以下の女性の割合が高くなっていた。特に「スノー SNOW」は半数以上の利用者が34歳以下女性だった。

 また、図表にはないが、2年前の2015年1月における「Instagram」の利用者数は479万人で34歳以下女性の割合が49%と、現在の「スノー SNOW」と利用者規模および属性割合が類似していることがわかった。

 同様に、上述5アプリに注目し1セッションあたりの利用時間を3ヵ月前と比較をすると、すべてのアプリで増加もしくは横ばいになっていることがわかった。
SNSやコミュニケーションアプリの1セッションあたりの利用時間 2017年1月(増減は2016年10月との比較)

【Nielsen Mobile NetViewについて】
日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成される。

MarkeZine編集部[著]