芳根京子が「べっぴんさん」の撮影を振り返る!/撮影:仙頭浩昭

写真拡大

NHK総合ほかで現在放送中の連続テレビ小説「べっぴんさん」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか)がクランクアップ。大量の花吹雪が舞う中、永山絢斗、高良健吾らに祝福された主演の芳根京子が心境を語った。

【写真を見る】芳根京子がクランクアップをして大粒の涙を流した/撮影:仙頭浩昭

――クランクアップされて、現在の心境はいかがですか?

「あなたがヒロイン」と言われた日も驚いて、こうして終わった今日もすごく驚いて、とても幸せだなと感じています。

このチームが大好きで、みんながちょっとずつ撮影が終わっていくのがすごく寂しくて、どんどん終わりが近づいていくのが嫌でした。こんなに未熟な私を支えてくださったキャストの皆さま、スタッフさま、感謝してもしきれません。

そして私事ですが、本日(2月28日)20歳の誕生日を迎えることができました。10代最後の一年を、そして20代最初の一日を、この「べっぴんさん」で迎えられたこと、本当にうれしく幸せに思います

――約9カ月の撮影でしたが、振り返ってみていかがですか?

本当にこのチームが大好きで、こんな未熟な私を支えてくださったキャストの皆さんに感謝してもしきれません。

1年で10代から50代までを演じて、本当にぶっ飛んだ1年だったなと思うのですが、それを乗り越えられたのも本当に皆さんのおかげだと思っています

――今一番やりたい事はなんですか?

この1年間全員でご飯に行ったことがなかったので行きたいです。大阪なので粉もんをみんなで突っつきたいです!

――最終回に向けての見どころを教えてください。

今までつらい部分が多かった分、クスクス笑えたり、ほっこりした姿もお見せできたらいいなと思います。最後の最後まで“べっぴん”の物作りは終わらないので、ぜひ最後まで見届けてほしいです。