【詳細】他の写真はこちら

ゲーム動画やソフトの操作説明動画を撮影したい……そんな時に使いたい「ゲームバー」



最近よく見かけるようになったゲームの実況動画。これに必要となるのが、プレイ中のゲームを録画する機能です。Windows 10ではこのゲームを録画する機能として「ゲームバー」がデフォルトで実装されています。使い方は簡単で、「Win+G」を押し、録画ボタンをクリックするだけ。これだけで、プレイ中のゲームを動画として保存できます。

では、ゲーム以外はどうでしょう。実はゲームバーはゲーム用の機能とは言え、ほとんどのソフトで動作し、動画の撮影ができてしまいます。これを使えばソフトの操作説明に使う動画が手軽に撮影できるので、かなり便利な機能といえるでしょう。ただし、デスクトップ全体の録画はできませんし、エクスプローラーなど一部のソフトは対象外となるので、これだけで全部が録画できるわけではありません。こういった録画が必要な場合は、別途ソフトを用意する必要があります。

なお、ゲームバーによる録画はショートカットキーで簡単に利用できます。例えば「Win+Alt+G」を押せばゲームバーを呼び出すことなくいきなり録画を開始できますし、「Win+Alt+M」でマイク録音のオン/オフが切り替えられます。



▲まずは録画したいソフトを起動し、「Win+G」キーを押下。すると「ゲームバーを開きますか?」というウィンドウが表示されるので、「はい、これをゲームとして記憶します。」をクリックします。



▲ゲームとして記憶すると、ゲームバーが表示されるようになります。ここで丸い録画ボタンをクリックすれば、ソフトの画面が動画として録画されます。



▲録画をやめるときは、右上の四角いボタンをクリック。録画ファイルはユーザーフォルダの「ビデオ」にある「キャプチャ」というフォルダに保存されます。



▲一度ソフトをゲームとして記憶してしまえば、ショートカットキーによる操作が可能です。録画の開始や終了、マイクのオン/オフなどはかなり便利です。もちろん、自分でショートカットをカスタマイズすることもできます。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

関連記事



Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ