画像

写真拡大 (全2枚)

 ウネリーはNTTデータらとビーコンを活用した実証実験を福岡市で行う。各種店舗や駅、オフィス等様々な施設に設置された合計3,000個以上のビーコンを活用し、約2,000人のモニターを対象として顧客行動に基づいたクーポンやキャンペーン情報などの配信を行う。

 unery(ウネリー)は、NTTデータ、NTTデータ経営研究所、アイリッジと連携し、3月6日(月)から同月末日までの間、ビーコンを活用したメッセージ・キャンペーン情報配信サービスの実証実験を福岡県福岡市で行う。

 ビーコンとはBLE(Bluetooth Low Energy)デバイスの一種で、近接マーケティングの担い手として期待されている。極めて少ない電力消費でスマートフォン等と連携できることが特徴。ビーコンを場所やモノ等に設置すると、対応アプリがその電波圏内に入ったことを検知できる。それをうけ、スマホアプリで場所やシーンに応じた情報やクーポンの配信などができるようになる。

実証実験の概要

 本実証実験では、福岡市の各種店舗や駅、オフィス等様々な施設に設置されている合計3,000個以上のビーコンを活用し、約2,000人のモニターを対象として顧客行動に基づいたクーポンやキャンペーン情報などの配信を行う。

 実験の目的は、位置情報ログを活用したユーザー行動の可視化に取り組むと共に、配信情報の閲覧状況やクーポンの活用状況などを把握することにある。得られた知見をもとに、広域に配置されたビーコンネットワークを活用する共同事業の実現可能性や導入に向けての課題を把握していく。

MarkeZine編集部[著]