鉄板は朝だけど…?栄養士が教える「フルーツを食べるタイミング」

写真拡大

食物繊維、ビタミンC、抗酸化成分など、健康と美容に欠かせない栄養素が含まれているのが果物です。厚生労働省から出されている『健康日本21』の中でも、1日200g以上の果物を食べることが推奨されています。

そんな果物ですが、1日の中で食べるタイミングとしてはいつが最適なのでしょうか。

今回は管理栄養士の筆者が、果物を食べるのにベストなタイミングとその理由についてお伝えしていきます。

朝の果物こそ金

「朝の果物は金」という言葉があるとおり、果物は朝にとるのがオススメです。

果物は糖質を含んでおり、お昼ごはんまでの時間に脳と体が動くエネルギー源となります。新鮮な果物には食物酵素も含まれているため、起き抜けに食べても胃腸に負担をかけづらいという利点もあります。

また、適度な酸味も唾液の分泌を促進したり胃腸の働きを促すなど、消化を助けてくれますし、カテキンなどの成分は口臭を予防する効果も期待できるなど、まさに朝にとると良い食べ物と言えます。

食後にとるのもオススメ

日本料理の会席のコースなどでも最後に“水菓子”として果物が出されますが、これは実は体に良いことなんです。

先ほども触れたように、新鮮な果物には食物酵素が豊富です。これを食事と一緒にとると、食べたものの消化の一部を果物に含まれる食物酵素が肩代わりしてくれます。

ただ、夜の食事、特に時間が遅くなった場合などは注意する必要があります。

「夜は銅」の意味とは

朝は金でも、夜は銅と言われるのが果物。その理由は、果物に含まれる糖質の種類にありました。

果物には“果糖”という糖質が多いのが特徴です。この果糖は他のブドウ糖などとは異なる代謝がされ、直接肝臓で代謝されるということがわかっています。

そして余分なものは中性脂肪に変わったり、コレステロールの合成を促すほうに働きます。特に夜遅くなるとエネルギーをあまり使わないので余りやすくなりますし、体の中で脂肪が合成されやすいモードにも入るので夜に果物を食べると肥満などにつながる恐れがあるのです。

よって、同じ果物を食べるのであれば夜よりも朝のほうが適していると言えます。

ということで今回は果物をとるタイミングについてお話をしました。

ちなみに推奨されている200gという量は、りんごなら1つ、みかんなら2つ、バナナなら2本の量です。食べるときはこの量を目安にとるようにしてみてくださいね。

【画像】

※ natalia bulatova / shutterstock

【筆者略歴】

圓尾和紀

“日本人の身体に合った食事を提案する”フリーランスの管理栄養士。TVや雑誌の出演、講演、執筆、カウンセリングなどで活動中。「カラダヨロコブログ」は月間アクセス20万以上。