全軽自協会(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)より、2017年2月の軽四輪車 通称名別新車販売速報が発表されています。

セールスランキングのトップはホンダN-BOX。2016年3月から一年間にわたってナンバーワンを守り抜いた形になります。2位には日産デイズが浮上。2016年には燃費偽装問題で販売を停止したこともありましたが、発売再会後は着実にポジションを戻しています。

1

●2017年2月 軽乗用車販売ランキング(軽自協調べ・速報)
1位 ホンダ N-BOX 19,429台
2位 日産 デイズ 16,093台
2位 ダイハツ タント 15,102台
4位 スズキ ワゴンR 12,585台
5位 ダイハツ ムーヴ 11,312台
6位 スズキ スペーシア 10,925台
7位 ホンダ N-WGN 8,599台
8位 スズキ アルト 8,043台
9位 スズキ ハスラー 7,100台
10位 ダイハツ ミラ 5,788台

2017年2月にフルモデルチェンジを果たしたスズキ・ワゴンRは前月のトップ10圏外から4位に浮上。とはいえ、月販目標1万6000台というワゴンRですから、この数字で満足しているはずはありません。

それにしても、トップのN-BOXは2011年11月デビューですから、モデル末期が近づいているといえますが、それでも前年同月比108.6%とセールスを伸ばしているのには驚かされます。

また、スズキのスーパーハイトワゴン「スペーシア」は、順位こそ6位と平凡に見えますが、新しいフロントマスクを得たカスタムZの追加設定により前年同月比145.2%と販売台数と伸ばしているのが注目点。

これら新車効果により、スズキの軽四輪乗用車の販売台数が41,472台と伸び、首位ダイハツ(41,644台)に迫りました。シェアでいうと、ダイハツ29.9%に対して、スズキ29.7%となっています。

(山本晋也)

【関連記事】

モデルチェンジ直前だったワゴンRがトップ10圏外! 2017年1月軽自動車セールスランキング
http://clicccar.com/2017/02/08/443414/

踏み間違い防止も!うっかりミスをサポートしてくれる軽自動車5車種【2017年版】
http://clicccar.com/2017/02/20/445722/

とにかく燃費にこだわる軽自動車選び! 燃費性能が高い6車種【2017年版】
http://clicccar.com/2017/02/21/445712/

女性がうれしい装備満載の軽自動車ランキングTOP5【2017年版】
http://clicccar.com/2017/02/22/445742/

新型スズキ・ワゴンRが3つの顔をもつワケとは?
http://clicccar.com/2017/03/06/450779/

2017年2月の軽自動車セールスランキング、注目の新型ワゴンRは何位?(http://clicccar.com/2017/03/08/451678/)