あれ、なんで水槽が…

新ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」で報告されている、状況によっては再現してしまうコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」の接続不具合。Slash Gearによると、任天堂アメリカが対応策を公開しています。

ジョイコンはニンテンドースイッチの本体とBluetoothにて接続されるのですが、どうも左側のジョイコンが本体から離れたり、体で遮られたりすると不具合が発生していました。任天堂のおすすめする対応策は以下の通り。

このような場所に置かないこと
・TVの後ろ
・水槽のそば
・金属製の箱の中や下
・大量のワイヤーやコード付近
・ワイヤレススピーカーや無線アクセスポイントなど、他のワイヤレスデバイスの約1m以内

このような物体から約1m離すか、電源をオフにすること
・ラップトップやタブレット端末
・ワイヤレスヘッドセット
・ワイヤレスプリンター
・電子レンジ
・ワイヤレススピーカー
・コードレスフォン
・USB 3.0対応製品(ハードディスクやフラッシュメモリ、LANアダプタなど)

ふーむ、なかなか厳しいですな。それに電子レンジは想定内ですが、水槽のそばに置かないなどは興味深いです。またスマートフォンが禁止リストに入っていないのも意外ですね。

任天堂は、ニンテンドースイッチを屋外でプレイすることも推奨しています。同ゲーム機はコントローラーを複数人でシェアする「おすそわけプレイ」にも対応していますし、部屋でも外でもスッキリ整った環境で遊んであげたいですね。


・「ニンテンドースイッチ」バラバラ分解レポ。かなり直しやすそう!


image: ギズモード・ジャパン
source: Slash Gear, 任天堂アメリカ

(塚本直樹)