レーティング:アーセナル 1-5(AGG:2-10) バイエルン《CL》

写真拡大

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのアーセナルvsバイエルンが7日に行われ、1-5でバイエルンが大勝した。この結果、2戦合計スコア2-10でバイエルンが6シーズン連続ベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

13 オスピナ 5.0

23分のビダルのヘディングシュートを好守で防ぐも5失点

DF

24 ベジェリン 5.5

自身の役割は果たした

20 ムスタフィ 5.0

タイトな守備を続けていたが、コシエルニー退場で大崩れ

6 コシエルニー 5.0

厳しい判定でPK献上となり、不可解な判定で退場処分

18 モンレアル 5.5

ロッベンの仕事を制限

MF

14 ウォルコット 6.5

とりわけ前半は自身の持ち味であるスピードを存分に生かした

15 チェンバレン 5.0

インサイドでのプレー。攻守のバランスを取れず

29 ジャカ 5.5

質の高いサイドチェンジでアクセントに。コシエルニー退場後はセンターバックでプレーし大量失点に関与

8 ラムジー 5.5

負傷明けもよく動いてボールに関与

(→コクラン -)

7 サンチェス 5.0

仕事できず、失点にも関与

(→ L・ペレス -)

FW

12 ジルー 5.0

2本惜しいヘディングシュートを放ったのみ

(→エジル -)

監督

ヴェンゲル 5.0

10人となっては戦えない

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 ノイアー 5.5

1度好飛び出しを見せてピンチ防ぐも、ニア天井を抜かれての失点

DF

13 ラフィーニャ 6.0

ラームの出場停止を受けて先発。攻守に集中していた

8 ハビ・マルティネス 6.0

ジルーに対応。ほぼ抑え込んだ

5 フンメルス 6.0

的確なカバーリングが目立った

27 アラバ 5.5

とりわけ前半はウォルコットを止められず

MF

10 ロッベン 6.0

勝負を決める追加点を奪った

(→ドグラス・コスタ 6.5)

1ゴール1アシストの活躍

14 シャビ・アロンソ 5.5

前半は最終ラインに吸収された守備が多かったが、後半は攻撃にも関与

6 チアゴ 5.0

さほどボールを受けられず

23 ビダル 6.5

球際で戦い、終盤に2ゴール

7 リベリ 5.5

決定的な仕事はなかった

(→キミッヒ -)

FW

9 レヴァンドフスキ 6.0

PKを獲得し、アウェイゴールを獲得

監督

アンチェロッティ 6.0

前半は苦戦も数的優位となってからは余裕の展開だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ビダル(バイエルン)

▽審判が試合を壊した感が強く、ウォルコットをMOMに推したいところだったが、結果的に大勝したバイエルンから2ゴールのビダルを選出。

アーセナル 1-5 バイエルン

【アーセナル】

ウォルコット(前20)

【バイエルン】

レヴァンドフスキ(後10[PK])

ロッベン(後23)

ドグラス・コスタ(後33)

ビダル(後35)

ビダル(後40)