北朝鮮の労働新聞は7日、1日から開始された米韓合同軍事演習に対して、「米帝の核戦争騒動に超強硬で対応していく」と主張する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「米帝は定例的で防御的な訓練だと言っていた外皮さえ完全に脱ぎ捨てて、今回の演習が共和国に核先制打撃を加えようとするところにあると露骨に言い散らしている」と指摘。

また、「わが共和国は、朝鮮半島と世界の平和を自衛的核抑止力でしっかり守るという確固不動の立場をすでに内外に厳かに闡明した」と強調した。

さらに、「わが軍隊は、核戦略爆撃機が離陸するグアムの空軍基地と原子力潜水艦が発進する海上侵略基地を含んで米国の対朝鮮侵略および兵站補給基地はもちろん、米本土まで精密打撃圏内に入れて久しい」と述べた。

そのうえで、「北侵戦争演習の火の粉がわれわれの神聖な領土、領海、領空にたった一点でも落ちるなら、わが軍隊と人民の積もりに積もった憤怒がこもった無慈悲な報復対応が伴われるであろう」とアピールした。