by Anders Nicolaysen

Firefox 52の正式版がリリースされました。Firefox 52ではハイパフォーマンスのウェブを実現する「WebAssembly」のサポートが開始され、Firefox Syncを使って、ある端末から別の端末へタブを送って開けるようになりました。また、セキュリティ面の機能が向上しており、安全でないHTTP サイトによる「secure」属性付きCookieの設定を禁止する「Strict Secure Cookies」仕様を実装するほか、ログインフォームを含む安全でないHTTP ページでの警告が追加されました。一方で、Googleハングアウトが動作しなくなるという問題は未解決のままです。

Firefox をダウンロード - 自由なウェブブラウザー - Mozilla

https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

Firefox 52.0 リリースノート

https://www.mozilla.jp/firefox/52.0/releasenotes/

iOS 版 Firefox - iPhone、iPad そして iPod touch で利用できるモバイル向けウェブブラウザー - Mozilla

https://www.mozilla.org/ja/firefox/ios/

Android 版 Firefox - モバイルウェブブラウザー - 柔軟なカスタマイズと、プライバシーを重視するブラウザ - Mozilla

https://www.mozilla.org/ja/firefox/android/

◆デスクトップ版のダウンロード

・Windows版

https://download.mozilla.org/?product=firefox-52.0&os=win&lang=ja

・Mac OS X版

https://download.mozilla.org/?product=firefox-52.0&os=osx&lang=ja-JP-mac

・Linux版

https://download.mozilla.org/?product=firefox-52.0&os=linux&lang=ja

◆Firefox 52デスクトップ版での変更点

○新機能

・WebAssembly への対応を追加しました。これは、プラグインを用いることなくネイティブに近いパフォーマンスをウェブベースのゲームやアプリ、ソフトウェアライブラリにもたらす新たな標準技術です。

・Wi-Fi アクセスポイントへの接続を簡単にするため、キャプティブポータルの自動判別を追加しました。キャプティブポータルでの認証を通じてインターネットへ接続する必要がある場合、Firefox が新しいタブでポータルのログインページを開くようメッセージを表示します。

・安全でない HTTP サイトによる「secure」属性付き Cookie の設定を禁止する Strict Secure Cookies 仕様を実装しました。場合によっては、安全でないサイトが同じベースドメインから発行された既存の「secure」な Cookie と同名の Cookie を設定することも禁止されます。

ログインフォームを含む安全でない HTTP ページでの警告を追加しました。HTTPS を使用していないページ上でユーザー名やパスワード入力欄を選択すると、「この接続は安全ではありません」というメッセージが表示されます。

・タッチスクリーン搭載の Windows パソコン上で Firefox のマルチプロセスを有効化しました。

・Firefox Sync を使って、ある端末から別の端末へタブを送って開けるようにしました。

○修正点

いくつかのセキュリティ問題 を修正しました。

・Windows 上で、以下のような、サードパーティ製キーボードレイアウトを用いた文字入力への対応を改善しました。

 連鎖的修飾キーを備えたキーボードレイアウト

 印刷不可キーあるいは修飾キーの連続による 2 文字以上の入力

 修飾キーの連続で文字を構成できなかった場合の文字入力

○変更点

・Flash 以外のプラグインの Netscape Plugin API (NPAPI) 対応を廃止しました。Silverlight、Java、Acrobat などが使用できなくなります。

・以下のようにダウンロード関連のユーザー体験を改善しました。

 ダウンロードが失敗した場合、ツールバーに通知を表示

 最近のダウンロード項目へのクイックアクセスを 3 件から 5 件に変更

 キャンセルと再開ボタンのサイズを拡大

・追跡者によるユーザーのフィンガープリンティング要素を減らすため、Battery Status API を削除しました。

・Windows 上でコンテンツの描画に Direct2D が使われていない場合、代わりに Skia を使用します。

Windows XP および Windows Vista 上のFirefox ユーザーを延長サポート版 (ESR) へ移行しました。

Mozilla の CA 証明書プログラムに含まれているルート証明書を最上位とする SHA-1 証明書に遭遇した場合、「信頼できない接続」エラーを表示します (これをユーザーが無視して接続することはできません)。ただし、手作業でインポートされたルート証明書を最上位とする SHA-1 証明書は引き続き許容されます。詳しくはMozilla セキュリティチームの SHA-1 廃止計画を参照してください。

○開発者

CSS グリッドレイアウト を有効化しました。これはグラフィックデザインに新たな可能性の扉を開くものです。

画面共有のセキュリティ を強化し、プレビュー表示を追加するとともにドメインホワイトリストを廃止しました。

レスポンシブデザインモード を再設計し、各種端末の選択、ネットワーク制限などの機能を追加しました。

○未解決

Google ハングアウトが一時的に動作しなくなっています


なお、次期バージョンのFirefox 53は2017年4月18日にリリース予定です。

◆2017年3月8日 13:00 追記:

「Firefox Syncを使って、ある端末から別の端末へタブを送って開けるようにする」という方法は以下の手順で行います。まず、デスクトップ版のFirefoxに自分のFirefoxアカウントでログイン後、メニューから「同期タブ」を選択。



「今すぐ同期」をクリック



次にAndroid版のFirefoxに自分のFirefoxアカウントでログイン後、メニューから「設定」をタップ。



自分のFirefoxアカウント名をタップ。



「今すぐ同期」をタップ。



デスクトップ版のタブ上を右クリックするとメニューに「タブを端末に送る」が表示されるので、Android版Firefoxの名前を選択します。今回であれば「Firefox on Pixel」



するとAndroidで以下のような通知が表示され、タップするとタブにURLが表示されます。



また、「ログインフォームを含む安全でないHTTP ページでの警告を追加」については、「この接続は安全ではありません。ここに入力したログイン情報は漏えいする可能性があります。」という文章が表示されました。



そして、ファイルのダウンロードに失敗すると、メニューバーのダウンロードアイコンの右上に黄色いドットが表示されるようになります。