【詳細】映画予告編はこちら

感覚ピエロが、6月10日より全国ロードショーとなる映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」の主題歌を担当することがわかった。

映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」は、藤原竜也と伊藤英明が初共演することでも話題のサスペンスエンターテインメント大作。22年前に起きた未解決連続殺人事件の犯人を名乗る男(藤原竜也)と、その事件を追い続けてきた刑事(伊藤英明)の攻防が描かれる。監督は「SRサイタマノラッパー」シリーズで注目を集め、その後もいくつもの話題作を手がけてきた入江悠。

そしてこのたび、この話題作の主題歌に感覚ピエロが抜擢されたことが発表された。インディーズながら宮藤官九郎脚本のTVドラマ「ゆとりですがなにか」で主題歌を担当し、大きな反響を呼んだことも記憶に新しい。

そんな彼らが書き下ろした初の映画主題歌のタイトルは「疑問疑答」。今回の発表とあわせてYouTubeで公開された映画の予告編では、「疑問疑答」の音源が解禁となっているので、チェックしてみよう。

感覚ピエロ 横山直弘(vo&g)コメント

「22年目の告白」を初めて観たとき、その後味の強烈さと生々しさにただただ圧倒されました。今回その映画の世界観と、感覚ピエロが表現したい“刺激的なロック”とが互いにクロスし生み出されたのが「疑問疑答」です。強烈に、泥臭く、それでいて繊細。そんな人間の奥底に潜む心の生々しさとエグさを、楽器とメロディと歌詞で表現しました。

「22年目の告白」と感覚ピエロのサウンドによって生まれた今回のプロジェクト。ぜひこの刺激的な体験を皆さんも体感してください。

入江悠監督コメント

映画を観た人が最後まで油断できないようなロックな音にしたい、というイメージがありました。感覚ピエロさんに初めて映画を観ていただいたとき、お客さんとして本当にすごく興奮してくれていたので、そのままの熱で作っていただければ大丈夫だと確信しました。

「映画館を出るときに、はじめてひと息つけるような音楽にしてください」とお願いしたのですが、出来あがってきた楽曲を聴いたとき、こちらの想いを完全に理解してくださっていて、とてもうれしかったです。映画から感じたことをストレートに楽曲「疑問疑答」にぶつけてくれて、若さってやっぱりすごいなと。

彼らの若い才能に触れながら、一緒にものづくりができて楽しかったです。この映画にふさわしい、繊細でいて、しかも衝動的な最高にロックな音楽です。



映画情報



「22年目の告白―私が殺人犯です―」

6月10日(土)全国ロードショー

監督:入江悠

脚本:平田研也、入江悠

出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル

Based on the film “Confession of Murder”

配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2017映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」製作委員会

「22年目の告白―私が殺人犯です―」OFFICIAL WEBSITE

http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/

感覚ピエロ OFFICIAL WEBSITE

http://kankakupiero.jp/