女優、モデルがリアル実践!ダイエット&スキンケア40(3)武井咲が夢中になったボルダリング

写真拡大

 ダイエットをより効果的にするなら、運動もプラスしたいもの。手軽に始めるなら、マドンナも自宅でやっている階段昇降がいいかも。階段を昇る運動は、歩くのと比べると約2倍のカロリーを消費する。太ももからヒップにかけての筋肉を使うので、脚の筋トレ効果も期待できます。家や職場、通勤駅での乗り換えなどで階段がある人は、昇り降りを積極的に取り入れてみて!

 他にも、日常生活にとり入れたいのが、菊川怜さんが番組本番中にしているお腹をキュっと締めて姿勢を正す方法。良い姿勢を保つだけでも体幹の筋肉は鍛え上げられ、やせやすい体になるとか。姿勢が良い人は、スレンダーでやせ体質な人が多いのも納得です。

 1日数十秒行うだけで、2〜3週間で5キロもやせた人もいるというのが、骨盤体操。道端カレンさんや東原亜希さんなども骨盤にアプローチしてダイエットを成功しています。骨盤体操のやり方はいろいろですが、簡単なのはあお向けに寝て、投げ出した両足のつま先が「ハの字」になるようにしたまま20センチほど真上に上げ、ストンと落とす方法。これを起床時、布団の上で行うと骨盤が閉まります。

 昔懐かしいフラフープで美脚を手に入れたのは、少女時代・ジェシカさん。実は、フラフープは10分で100キロカロリーも消費できる有酸素運動。骨盤の歪みを矯正し、便秘の解消、インナーマッスルも鍛えることができるんです。効果をより早く感じたい人は1日20分以上、軽い運動と骨盤矯正をしたい人は5〜10分程度から始めると◎。

 武井咲さんが夢中になったというのはボルダリング。ロッククライミングをロープなしで行うもので、2〜4メートル程度の岩壁を登るスポーツ。今、フィットネスジムでは、室内にボルダリング専用の人工壁を用意しているところも増えているので、気軽に体験も可能。壁を登るのに全身の筋肉を使うため、筋力アップやウエスト・お腹、二の腕などのシェイプアップに最適。体を動かして楽しくやせられます。

 腹筋女子を目指すなら、筋トレもプラスしたい。「でんぱ組.inc」のメンバーで女優としても活躍する最上もがさんは、腹筋30回、背筋30回、腕立て30回、腿上げ150回をいずれも最低回数のメニューにしているとか。女性でも筋肉をつけると疲れにくく、脂肪を燃焼しやすいカラダになれます。

 スパルタ好きなら、佐藤江梨子さんの美ヒップテクニックを試してみては? ヒップを両手でパンパンと下から上へとたたき上げ、1日100回、1秒間に1〜2回のスピードで行うと、あの引き締まった美しいヒップラインがキープできるのだそう。

 やっぱり運動は面倒というなら、ゴロゴロ寝るだけでやせられるストレッチ用ポールを。優香さんや藤原紀香さんも愛用していて、背中にストレッチ用ポールを当てて寝転がると、肩甲骨部分が刺激を受け、脂肪燃焼しやすいカラダに変化! 食べちゃったぶんは、これで燃焼するべし!