2016年7月、「イスラム国」が支配するモスルから避難してきた人たち


時間が6年前のあの時に戻ったなら

 3月15日で7年目を迎えるシリア内戦、先月から今月の初めまで政権側と反体制派を招き、スイスのジュネーブで和平会議が行われていた。

 しかし、時事通信の配信記事には、「シリア和平協議、成果なく中断」という見出しがつけられ希望は遠のくばかりである。

 「もし、時間があの時に戻れるのなら、革命なんてなかった方が良かったわ」

 10代後半でシリアを去り、難民としてイラクで暮らすリーム・アッバース(23歳)は言う。

 「この6年間で、40万人を超える人たちが殺されたのよ」

 難民の数は、UNHCR(国際連合難民高等弁務官事務所)によると、500万人に近い。21世紀最大の人道危機と呼ばれるゆえんである。

 リームは鎌田實が代表を務めるJIM-NETというNGOのイラク事務所で現地スタッフとして働いている。

 イラクの小児がんの子供たちの支援が中心だが、「イスラム国」から逃げて来るシリア難民や、モスルからの国内避難民の支援も行っているから、悲惨なのはシリアだけではないことをよく知っていた。そんなリームが6年間を振り返った。

若者は新しい波を求めていた

 2010年の終わりに、チェニジアで起きた民主化運動は、瞬く間にアラブ諸国に広がっていった。若者たちは、ソーシャルネットワークを駆使して独裁政権を倒していく。

 2011年3月15日、シリアにもその波が押し寄せる。アサド独裁政権に黙殺されていた若者たちが立ち上がり、自由と民主主義を掲げたデモが全土に広がった。

 リームはクルド人で、シリア北部のカミシリの田舎で農家の子として生まれた。12人兄弟で下から3番目だった。革命が起きたときは、高校を卒業し、首都ダマスカスの看護学校の学生になったばかりだった。

 「新しい波? そんなものは感じなかった。自由とか、民主主義とかいう言葉はとても新鮮だったわ」

 「でも、リビアやエジプトは結局うまくいかなかったし、今のままでも、私たち貧しい一家にとっては、タダで学校に行けた。給料は安くても看護師になりたかった」

 クルド人は、差別されていた。国籍を与えられない人もいて、彼らは高校までしか行けないし、働いても低い賃金しかもらえない。

 アラブの春は、シリアではうまくいきそうな気もした。政府は彼らに国籍を与えることを約束した。しかし、民主化運動が暴力的な戦いになるとすべては壊されてしまった。

 リームは、3人の同級生の女の子と一緒に下宿生活を送っていた。その看護学校は、卒業すると軍の病院で働く子も多く、体制側とみなされた。

 学校に爆弾が投げ込まれたり、ルームメートが誘拐されて帰ってこなかった。自分もブラックリストに載せられていると知らされ、親戚が迎えに来てくれてダマスカスを去った。

2012年難民としてヨルダンに逃れた反体制派の旗を掲げる人たち


イラクで難民生活を送る女子たち

 生まれ故郷のカミシリに戻ったが、内戦が激しくなると孤立してしまい、2013年に難民として、イラクのクルド自治政府の首都であるアルビルの難民キャンプに収容されたのだ。

 クルド自治政府は、シリア難民に対しては、同じクルド人ということで、住民票を与え、就労の自由も保証した。

 アルビルは、イラク戦争後、治安が安定していたので、投資と開発が進み、高級ホテルやショッピング・モールもたくさんできた。地元の女子たちは、人前で働くのは親の反対などもあり、よしとしないから、シリア難民の女子たちが雇われる。

 また、難民キャンプなどで、人道支援を行う国際NGOのスタッフになる若者も多い。英語が少ししゃべれると、高額の給料をもらえる。

 そして、人権とかジェンダーとかそんな話題を職業にし、スターバックスのようなカフェで500円くらいするコーヒーを飲むのだ。シリアにいたら到底味わえない自由があった。

 難民キャンプのクリニックでボランティアをしていたリームは、ほとんど英語が喋れなかったが、キャンプの管理者から勧められJIM-NETで働くことになった。

 3年半が絶ち、結婚もし、貫禄が出てきた。英語もうまくなった。JIM-NETの仕事を気に行ったのか、安い給料でも辞めずにいる。「なぜ?」と聞いたら「自分のアイデアを取り入れてもらえるから」と言う。

 私は、いちいち細かいことを指図するのは面倒なので、ほったらかしにしておいたら、リームが勝手に、難民のお母さんを集めて、毛糸の帽子を作ったり、ビーズ細工を作ったりして、JIM-NETの収益にならないかと目論んでいる。

 実は、シリア人が命をかけて勝ち取ろうとしていたのは、そういう「いい加減に生きること」なのかもしれない。

難民キャンプで妊産婦の相談を受けるリーム(右)


シリアに帰る

 2014年「イスラム国」がモスルを占拠すると、クルド自治政府は、予算の大半を戦費に充てなくてはならず、公務員の給料も払えなくなってしまう。

 難民キャンプでの食料の配給なども減ってしまい、2015年は、難民生活に見切りをつけてヨーロッパを目指すシリア難民であふれた。リームの兄弟もドイツへ向かったが、リームは、ヨーロッパに行くことを拒んだ。

 「シリアほど美しい国はないと思うわ」

 昨年10月、リームは様子を見にシリアへ行くことになった。彼女の故郷のカミシリの村人は、ほとんどがヨーロッパなどに移住してしまい年寄りしか残っていなかった。

 ダマスカスに向かう飛行機は満席で、ブローカーにお金を払ってシリア軍の輸送機に乗せてもらった。300人ほどの乗客がおり、けがをした兵士や遺体と一緒にリームらは貨物を載せる床に座らされた。

 隣には、「イスラム国」に感化されて自爆テロを行おうとした10代半ばの女性が手錠をかけられて座っていた。タバコを吸わせろと騒ぎ「私は、バグダーディを知っているわ」と狂ったように笑っていたという。

 ダマスカスの中心部に入ると、報道で見ている悲惨な状況と異なり、子供たちは学校に通い、普通に暮らしていたので驚いた。

 しかし、混雑している道沿いには30メートルおきにチェックポイントがあり、道を行く若い男性のほとんどは軍服を着ていた。夜になると銃声と爆撃音が聞こえ戦時下であることを思い出させられる。

 シリアで暮らしていくのは、まだまだ難しいが、平和への希望も感じている。「これからどうする。看護師になるのかな?」と聞いた。

 「はい。これからのシリアに必要なのは、理学療法士のような仕事かなと思い始めました。6年間で多くの人が障害を負ってしまって、シリアそのものが障害者のようになっているから・・・。障害を一緒に乗り越えて行こうかなって」

会議で発表したリーム。右は鎌田、左が佐藤


筆者:佐藤 真紀