引越し業者をどんな基準で選ぶか。「コスパ」よりも、スタッフの対応を重視する人が多い実態が浮かび上がった

写真拡大

 

 春の新生活を控え、引越し業界は1年のなかで最も忙しいシーズンを迎える。新社会人や大学新入生などにとっては心躍る季節でもあるが、気持ちのいいスタートを切るためには、何より新居への引越しをスムーズに済ませることが肝心だ。業者選びでミスマッチがないように、より多くの情報を集め、十分な比較・検討の時間を持てるように心がけたいものだ。

 とはいえ、数ある引越し会社の中から、どの業者を選べばいいのか。「オリコン日本顧客満足度ランキング」の引越し会社に関する調査結果を見たところ、最近何かともてはやされる「コスパ」よりも、スタッフの対応を重視する人が多い実態が浮かび上がった。キーワードは人と人との“絆”のようだ。

 調査は今年で10年目を数える。今回ランキングの対象となったのは、全国8地域のうち4地域以上で営業する31社。ただし、法人の事務所移転などのサービスは対象外とした。アンケートには、18歳以上の男女で、過去5年以内に引っ越し会社を利用し、業者選びに関わった1万6444人が回答した。

「営業スタッフの対応」や「作業内容」、「コストパフォーマンス」など7項目に関する質問を行い、それぞれの満足度を100点満点で評価してもらった。なお、多くの利用者が重視する項目で評価が高い場合は、点数に反映する仕組みになっている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)