アウディ ジャパンは、コンパクトSUV「Q3」の仕様を一部変更し、3月6日(月)より全国の正規ディーラーを通じて発売すると発表した。

 

計3タイプのデザインを用意 

アウディQ3は2011年秋の発売以来、世界で累計89万台、日本でも2012年の導入以来、約1万2000台が販売されているアウディのヒット作。エンジンラインナップは1.4リッターと2.0リッターの直列4気筒ターボで、前者は「Q3 1.4 TFSI」 と「 Q3 1.4 TFSI sport 」。高効率な6速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、エンジン出力150ps/250Nmを発揮しながらも、JC08モードで17.4km/Lの好燃費を実現している。

 

一方、後者は「Q3 2.0 TFSI quattro 」となり、180ps仕様と220ps仕様をラインナップ。それぞれ320Nm、350Nmの大トルクを発揮する2.0リッター4気筒ターボエンジンに、7速デュアルクラッチトランスミッションとフルタイム4WDを組み合わせた、スポーティなモデルとなっている。

 

 

今回の仕様変更では、1.4 TFSI sportと2.0 TFSI quattroのフロントバンパーを大型化し、エアインレットをハイグロスブラックに、グリルバーをアンスラサイト仕上げにすることで、よりスポーティなイメージを獲得。また「Sライン」仕様にも新しいデザインのフロントバンパーが採用されており、エアインレットはハニカムのブラックに、さらに横一線に伸びたボディ同色のストラットが力強く上下を二分割することで、一層精悍なデザインとなった。

 

 

なお、1.4 TFSIに変更はなく、希望小売価格も従来通りとなる。

 

アウディQ3
1.4 TFSI 369万円
1.4 TFSI sport 386万円
2.0 TFSI quattro 180PS 459万円
2.0 TFSI quattro 220PS 539万円