6日、韓国で06〜11年の5年間に、詐欺罪などで台湾人500人近くが逮捕されていたことが分かった。多い時で300人以上が韓国で服役していた。

写真拡大

2017年3月6日、中国台湾網によると、韓国で06〜11年の5年間に、詐欺罪などで台湾人500人近くが逮捕されていたことが分かった。多い時で300人以上が韓国で服役していた。

台湾・聯合報によると、台湾警大の専門家は、韓国での逮捕は台湾で報道されることが少ないため、若年層の間で「逮捕されても台湾への送還、刑の減軽も可能」と考えられている。「若者たちは責任を負うことを知らず、両親も責任について教えていない」という。さらに専門家は「民進党は中国のメディアと当局の癒着を批判したが、まさか同じことをしているのではないか」と批判した。

これに対し、ネットでは「民進党は脳みそを取り替えるべきだ」「海外で罪を犯した中国人は中国で裁かれろ」「台湾を本当に愛する人は、こんな罪を犯した人間には永遠に戻ってきてほしくない」などの声が上がっている。(翻訳・編集/大宮)