何でも自分の意見を押し通したい俺様男子。どうしてそんなに自分のことばっかりなのかとうんざりするけど、意外と寂しがり屋だったりするんです。攻略困難と思われる俺様男子との上手な付き合い方を紹介したいと思います。


亭主関白な親の元で育った背景がそうさせてるのかも


俺様男子の背景には、育ってきた環境が大きく関わってくることが多いと思われます。
子どもの時から当たり前のように父親が家の権力者であると、その環境で育った男性は同じようになることがあります。さらに、子どもの頃は「あんな男になるものか」と思っていたにも拘らず、大人になった今ではすっかり父親と同じようになってしまったというパターンも。

彼らのそうした態度に悪気はないものの、知らず知らずのうちに俺様行動をしていると、人からは白い目で見られてしまうことも……。
その結果、俺様男子は孤独の代償を背負うことにもなります。

自分の話が大好き……なのは、実は自分を見て欲しいから



全ての俺様男子が同じように生きづらさを感じ、孤独だとは思いません。もちろん他にもいろんな背景が彼らにはあることもしかり。

しかし、彼らの特徴として自分の話をするのが好きで、人の話を聞いていないということがあります。これは、まさしく、自分のことを話してわかって欲しいという心理の表れなのです。誤解を恐れずに言えば、子どもが親に構ってほしいがためにわがまま言っているのと同じです。

孤独な経験をしたことのある人は、その反動で人に優しくなるか、人に期待しなくなるかのどちらかになってしまいます。そのどちらかにカレを向かせようとするには、ちょっとしたコツがいるのです。

俺様男子の攻略法:譲ってもいいボーダーラインを明確に!



好きな人に俺様の片鱗(へんりん)が見えて、友だちには反対されたけど、どうしても気持ちが収まらない……。

そんなカレとうまく付き合っていくには、思考や言動に惑わされず、絶対に服従はしないことです。ここは譲ってもいいというボーダーラインを明確にし、譲ってもいいことは受け入れてあげて。逆に、絶対嫌なことは甘んじて受け入れては、なんでもカレの思い通りになると思われてしまうので、嫌だと言う勇気を持ちましょう。

否定から入らず理解してあげて


あくまでも「言う事を聞いてあげる」というスタンスで、優しく話を聞くと、カレの深い奥底にある本音が時折ぽろっとでてくることもあります。どうしてこのような思考に至ったか、本当はどう思ってるのかが理解できるようになると、付き合いにも変化が生まれるのではないでしょうか。

否定から入ってしまえば、恐らくうまくいくことはないでしょう。わがままや自己中なことに罪の意識を感じていない“俺様”なのですから、いきなり正論をたたきつけたところで効き目はなし! けんかになって終わってしまうでしょう。

難しい事ですが、少しずつ距離を詰めていくのが俺様攻略法の鍵といえます。

あまりに俺様がひどいならお付き合いを考えても



いくら魅力的な俺様彼氏でも、あまりにも人外な態度を見せるとか、折れるとこを折れてくれるような理解力がないとか、人と人との基本的な付き合い方ができないなら、交際を考え直したほうが、将来のためかもしれません。そこは潔く見切りをつけることも大切ですよ!

攻略法はもちろん、全ての俺様男子が背負っている背景もこの限りではありませんが、私の周りにいる俺様男子を見ていて、気付いたことを紹介しました。せっかく好きになったのだから、良いところも悪いところも含めてうまくお付き合いしたいですよね。
(キノシタマユコ)