NTTドコモ、Xperia XZ SO-01JとV20 PRO L-01Jの下り最大通信速度を3月9日より500Mbpsに高速化!多値変調256QAM導入で、3波CAと組み合わせ

docomo PREMIUM 4GでXperia XZとV20 PROが下り最大500Mbpsに!

NTTドコモは7日、すでに販売中の「2016-2017冬春モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SO-01J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「V20 PRO L-01J」(LGエレクトロニクス製)の2機種において2017年3月9日(木)より受信時最大通信速度を500Mbpsに向上するとお知らせしています。

これは同日より変調方式「256QAM」が導入開始され、これまでの変調方式「64QAM」と3波のキャリアアグリゲーション(CA)の組み合わせによる375Mbpsから約1.33倍となるため。

3CC CAは800MHz帯(Band 19)の15MHz幅および1.7GHz帯(Band 3)の20MHz幅、2GHz帯(Band 1)の15MHz幅のと合わせて実現するため、下り最大500Mbpsになるのは東名阪エリアのみ。東名阪以外でも256QAMは40都市で提供開始されるため、最大通信速度の高速化は行われます。

なお、実際には電波強度が十分に強い場所でないと256QAMにならなかったりするのでどこまで通信速度向上に効果があるかはわかりません。とはいえ、少しでも通信が速くかつ安定するのに期待したいところです。


Xperia XZ SO-01Jは昨年11月2日に、V20 PRO L-01Jは先月17日に発売された最新のハイエンドスマホです。ともに海外では「Xperia XZ Premium」や「Xperia XZs」、「LG G6」といったさらに新しい機種が発表されていますが、日本での発売は明らかにされておらず、発売されても5月以降になると見られます。

またすでにXperia XZ SO-01Jについては発売時より何度か値下げされており、V20 PRO L-01Jも今春の施策によっていきなり新規契約および他社から乗り換え(MNP)では端末購入サポートに追加されており、ハイエンドモデルながら購入しやすくなっています。

現時点における公式Webストア「ドコモオンラインショップ」における価格(税込)は以下の通り。ともに最新のAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)で利用できますし、オススメできる製品だと思われます。

【Xperia XZ SO-01J】


Xperia XZ SO-01J 関連記事一覧 - S-MAX
Xperia XZ SO-01J | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

☆新規契約およびMNP
 本体価格    :81,648円
 端末購入サポート:-66,096円
 支払額     :15,552円(分割648円/月×24回)

☆機種変更(春のおとりかえ割適用時)
 本体価格  :76,464円(分割3,186円/月×24回)
 月々サポート:-2,106円/月×24回(総額-50,544円)
 実質負担額 :25,920円〜(分割1,080円〜/月×24回)

【V20 PRO L-01J】


V20 PRO L-01J 関連記事一覧 - S-MAX
V20 PRO L-01J | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

☆新規契約、MNP
 本体価格    :84,888円
 端末購入サポート:-69,336円
 支払総額    :15,552円(分割648円/月×24回)

☆機種変更(シェアパック10〜30、ウルトラシェアパック50・100、データM・Lパック、ウルトラデータL・LLパック)
 本体価格  :79,704円(分割3,321円/月×24回)
 月々サポート:-2,025円/月×24回(総額-48,600円)
 実質負担額 :31,104円(分割1,296円/月×24回)

☆機種変更(シェアパック5、データ5パック)
 本体価格  :79,704円(分割3,321円/月×24回)
 月々サポート:-1,593円/月×24回(総額-38,232円)
 実質負担額 :41,472円(分割1,728円/月×24回)



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : (お知らせ)国内最速となる受信時最大682Mbpsの通信サービスを提供開始 | お知らせ | NTTドコモ